• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

拡大する再エネ・アグリゲーター

ドイツのスマートグリッド「E-Energy」(4)

2013年11月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、前回に続き、ドイツのスマ-トグリッド実証事業であるE-Energyのうち、自然豊富な山間部ハルツ地方を舞台とする「レグモドハルツ」の事業を紹介する。再生可能エネルギーの100%普及を目指すモデルである。

 前回は、貴重な柔軟電源(フレクシビリティ・プラント)であるバイオマス発電の開発・運営に焦点を当てた。今回は、再エネの主役であるが変動する風力・太陽光発電をいかに運営・制御するかについて取り上げる(資料1)。

再エネの直接市場取引が導入された背景

 FIT(固定価格買い取り制度)により、ドイツの再エネ開発量は大きく伸び、割合は劇的に上昇した。FITは固定価格での送電網への引き取り(feed in)であるが、その割合が高まるにつれて、主要電源として需給全体に及ぼす影響が無視できなくなり、天候による変動が電力ネットワークへ大きな影響を及ぼすようになった。また、各再エネ電源は、20年後にはFITの適用が終わり市場価格で取引されることになり、新規に適用されるタリフ(買い取り価格)は年々引き下げられていく。

 こうした状況を背景に登場したのが電力市場との結合(インテグレート)という考え方である。電力市場との直接取引(Direct Marketing)が導入されることとなった。

 1基当たりの出力は小さな分散型電源ではあるが、毎年設置量が積み上がれば、大きな数値となる。2011年末には風力で3000万kW、太陽光で2500万kWもの規模となった。電源容量増により市場価格には下げ圧力がかかる。価格低下により、火力発電の運転がままならない状況も生じた。特に風が強く需要が小さい時間帯は市場価格が低水準になり、マイナスにもなり得る。このような状況に対応する事業モデルが必要だったことも、直接取引の導入を促した。

E-Energyで市場取引を実証

 直接取引は2009年に導入され、2012年にはタリフと市場価格の差額を補填する市場プレミアム制度が追加された。E-Energy実証事業は2009~2012年に実証が行われており、直接取引の導入時期と重なっている。

 エネルギ-とICT(情報通信技術)の融合を意味するE-Energyは、セキュリティと環境の両立を目指して複雑化するエネルギ-取引について、膨大な情報を通信で集めてコンピューターで処理し最適解を導く試みである。市場取引はその中心に位置する。制度整備を横目で見ながら、同時並行的に実証・シミュレートしてきた。

コメント3件コメント/レビュー

風力、あるいは、太陽光発電などは再生可能エネルギーとして喧伝され、懸念されるのは、せいぜい不安定性と低出力くらいで、恐らく一番深刻だろうと思われるメンテナンスや廃棄の問題は当面は話題になってはいない(せいぜい、風車の破断が報道されるくらいである)。当面の問題ではないと言えば、余り見たことがないという意味で不審なのが、再生エネルギー同様に、太陽エネルギーを一次的に利用している地球上の生態系とエネルギー利用の競合を起こしているという事実の影響評価が十分なのかということである。太陽光発電は広大な面積を必要とするから農業以外にも影響があるだろうし、風力発電も鳥類や昆虫類に影響があると聞くと、どこに影響が出て来るか見えにくい。海面上に展開する場合も、太陽光の遮断面積に拠っては水産物への影響が出るだろう。時間単位の設定の難しいことながら、再生エネルギープラントの適地が、また、一次産業の適地でもあることを忘れてはいけないだろう。(2013/11/26)

「エネルギー 世界の新潮流」のバックナンバー

一覧

「拡大する再エネ・アグリゲーター」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

風力、あるいは、太陽光発電などは再生可能エネルギーとして喧伝され、懸念されるのは、せいぜい不安定性と低出力くらいで、恐らく一番深刻だろうと思われるメンテナンスや廃棄の問題は当面は話題になってはいない(せいぜい、風車の破断が報道されるくらいである)。当面の問題ではないと言えば、余り見たことがないという意味で不審なのが、再生エネルギー同様に、太陽エネルギーを一次的に利用している地球上の生態系とエネルギー利用の競合を起こしているという事実の影響評価が十分なのかということである。太陽光発電は広大な面積を必要とするから農業以外にも影響があるだろうし、風力発電も鳥類や昆虫類に影響があると聞くと、どこに影響が出て来るか見えにくい。海面上に展開する場合も、太陽光の遮断面積に拠っては水産物への影響が出るだろう。時間単位の設定の難しいことながら、再生エネルギープラントの適地が、また、一次産業の適地でもあることを忘れてはいけないだろう。(2013/11/26)

「昼間の需給ひっ迫は解消されタリフが下がるとともに、相対的にひっ迫度合いが小さい夜間のタリフが上がる。」この内容で矛盾しないのかしら?夜間のタリフが上がるならひっ迫度合いは大きいような気がします。(2013/11/26)

今の日本では再エネの明るい部分を書かなければ商売にならないのでしょうが,ドイツで送電線建設が致命的に遅れている事実,それによって周辺国が甚大な迷惑をこうむっている事実も,そのうち書いてくださいね。(2013/11/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授