• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

総理、日系アメリカ人に会いに行ってください

河野太郎・衆院議員に聞く(前編)

2013年11月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全米には100万人を超える日系アメリカ人がいる。日本をルーツに持つ日系人は、アジア系移民の先頭ランナーとして各分野で大きな功績を残す人物を輩出してきた。その筆頭として挙げられるのは、副大統領(上院議長を兼任)、下院議長に次いで大統領継承順位第3位となる上院仮議長となった故ダニエル・イノウエ上院議員だろう。11月20日には、そのイノウエ議員に一般市民としては最高位となる「大統領自由勲章」が、バラク・オバマ大統領より与えられた。12月17日に亡くなって1周年を迎えるのを前に、「日経ビジネス」では11月18日号11月25日号の2週にわたって、「日系アメリカ人という資産~隠れた『日米のネットワーク』に注目せよ」という特集を掲載。各界で活躍する日系アメリカ人をレポートした。「日経ビジネスオンライン」での連載初回となる今回は、日系アメリカ人社会と交流を続けてきた河野太郎・衆院議員に聞いた。

日系アメリカ人社会との積極的な交流を提言してきましたが、ご自身はどういういきさつで関わりを深めることになったのでしょうか。

河野太郎・衆院議員は、故ダニエル・イノウエ上院議員と親交を結ぶなど、日系人コミュニティーと積極的に交流してきた政治家の1人。(写真:村田和聡、以下同)

河野氏:さかのぼると、親父(河野洋平・元自民党総裁)が昭和30年代にアメリカに留学した時、ロサンゼルスのジョージ・アラタニさん(日系2世の事業家・慈善家。日系人社会の発展に貢献した。2013年2月死去)とか、その世代の方々にお世話になりました。親父が日本に戻ってからも交流が続いて、僕も中学生でアメリカでホームステイした時には日系人に面倒を見てもらいました。

 大きな転機は2001年過ぎくらいだったでしょうかね。河野洋平が官房長官だった時に外務省から来ていた秘書官に河野雅治さん(現イタリア大使)という方がいました。彼がロサンゼルス総領事として赴任されたのです。そこで「日系人との絆をなんとかしないといかん」ということで、河野洋平のところに相談に来た。親父は「それは大事だ。分かった。じゃあ太郎にやらせよう」ということで、僕に電話がかかってきたんです。

日本をレーダースクリーンに戻す

 それで外務省がアイリーン・ヒラノさん(元全米日系人博物館館長、現在は米日カウンシル代表で、故ダニエル・イノウエ氏の妻)なんかと組んで、日系アメリカ人のリーダーを日本に呼んで、各地で交流する「日系アメリカ人リーダー招へいプログラム」をやりました。日本の国会議員と食事をする時の窓口を僕がやって、カラオケなんかでも盛り上がりました。当初は1回限りという話だったんですが、やってみるとなかなかいいということで、今も続いています。

コメント15

「日系アメリカ人という資産」のバックナンバー

一覧

「総理、日系アメリカ人に会いに行ってください」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO