• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホアプリで顕在化する「未成年」のリスクと対処を考える

  • 佐野 正弘

バックナンバー

2013年12月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アプリ内課金のあるゲームアプリを中心に、「アイテムの購入は有料」と知らせる説明文が表示されるものが増えている。その背景には、未成年がゲームなどでアイテムを積極的に購入し、お金を使いすぎてしまうという問題がある。

 スマートフォンのアプリは、未成年を中心とした若年層が積極的に利用するだけに、開発者もこうした問題とは無関係とはいられない。未成年の利用が積極化することで発生するリスクと対処について、考えてみよう。

アプリ内課金の「使いすぎ」に関する警告が増加

App Storeのアプリ内課金についての説明
アプリ内課金の仕組みや、ペアレンタルコントロールの設定方法などが記述されている。

 近ごろ、App Storeをのぞくと、「App内課金についてさらに詳しく」という項目が目立つ位置に現れるようになった(写真1)。この項目は以前より、「アドオンについてさらに詳しく」として設けられていたもの。名称を変えて目立つ位置に表示するようになったのだろう。

 その内容を見ると、アプリ内課金の仕組みから、アプリ内課金の種類、アプリ内課金を制限するためのペアレンタルコントロールの設定方法などについて触れてある。アプリ内課金への理解を深め、必要に応じて子供のアプリ内課金利用を制限してもらう狙いがあることが分かる。

コメント0

「佐野正弘が読み解く スマホアプリマーケット傾向と対策」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック