• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

似て非なる中国の“識別圏”

「防空識別圏」を専門家に聞く(1)

2013年12月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ペテンで「領空拡張」狙う中国

 中国が11月23日、突然に宣言した東シナ海の“防空識別圏”。この問題に詳しい、安全保障専門家のB氏に聞いた。

鈴置:Bさんが予想されていたように11月28日、中国が「日本だって44年も前から防空識別圏(ADIZ)を設定している。我が国に対し文句を言う権利はない」と言い出しました。

B:いかにも中国らしい、へ理屈です。中国の“防空識別圏”とは日本や西側のそれとは「似て非なるもの」なのです。なのに敢えて同じ名称を使うことにより、日本や関係国を誤魔化そう、揺さぶろうとしているのです。

 専門家ならすぐに分かることですが、中国の主張は「識別圏の設定」ではなく「領空の拡張」です。中国の“防空識別圏”と、日本などのそれとは全く別物であることをまず理解しておく必要があります。

 日本や西側の防空識別圏とは、主権の及ぶ領空に接近してくる国籍不明機を、敵か味方か判別するために、領空の外側に設けた空域です。

鈴置:飛行機は速度が速いので、領空に入る前からチェックしておく、というわけですね。

「圏内の飛行機は中国に従え」

B:その通りです。少し硬い言い方になりますが、我が国周辺を飛行する航空機を識別するという内部手順の中で、識別すべき領域を規定したものが防空識別圏です。

 でも、そこはあくまで領空の外側ですから、他国の航空機に何らかの義務を課すものではありません。防空識別圏内であっても公海上である限り、外国の航空機が飛行を制限されることはないのです。

 一方、中国国防省はその“防空識別圏”に関し「この空域に入る航空機は中国政府の指示に従わなければならない」と言っています。具体的には、以下の通りです。

・防空識別圏は中国国防相が管理する。
・圏内を飛行する航空機は飛行計画を中国外務省または航空当局に提出する義務がある。
・圏内の飛行機は国防省の指令に従わなければならない。
・指令を拒み、従わない航空機に対し、中国は防御的な緊急措置を講じる。

「早読み 深読み 朝鮮半島」書籍化第2弾、好評発売中
中国という蟻地獄に落ちた韓国

まるで中国という蟻地獄に落ちたかのように、
その引力圏に引き込まれていく韓国。
北の核威嚇で加速する韓国の「従中」は、
日米との同盟に引き返せないところまで来てしまった。
日本は、米国はどう動くのか。


第1弾『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』に
続編が登場。最新の情報が満載です。

コメント7件コメント/レビュー

「中国は綿密に計算して仕掛けてくるように見えるけれど」には異議があります。中国共産党の軍人は、北朝鮮以上に子供。駄々っ子だと思っています。ただのガキなのです。ですから「よそがやるから、うちもやる」「44年後に(防空識別圏)撤回を考える」なんて大多数の日本人(NHKと経団連を除く)を笑わせる言葉が口に出てしまうのです。(2013/12/04)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「似て非なる中国の“識別圏”」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「中国は綿密に計算して仕掛けてくるように見えるけれど」には異議があります。中国共産党の軍人は、北朝鮮以上に子供。駄々っ子だと思っています。ただのガキなのです。ですから「よそがやるから、うちもやる」「44年後に(防空識別圏)撤回を考える」なんて大多数の日本人(NHKと経団連を除く)を笑わせる言葉が口に出てしまうのです。(2013/12/04)

中国そして朝鮮半島に対する日米の安全保障体制が試される一方、日本国内の治安対策が個人的には本当に心配です。在日韓国人/朝鮮人の不穏な動きが活発化(デモ,偏向報道等)しているにも関わらず、民主党政権下でガタガタになった治安維持体制の再構築は、秘密保護法案とNSCがようやく実現しただけで未だ途上にあります。対外安全保障と合わせて喫緊の課題ですので、ぜひ鈴置先生にはこの点についても触れていただければと思います。素性は明らかにされていませんが軍事や治安維持の法制面に詳しい方のサイトも最近話題に上っています(「余命3年時事日記」http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/)。国内外の安全保障に対する日本国民の関心は現在非常に高まっており、本サイトも貴重な情報源の一つとして今後の連載に大いに期待します。(2013/12/04)

概ね、正しいですが、一点だけ。「国連に訴えて」は止めましょう。国連は総長を見れば分かる通り、御用機関です。戦勝5カ国以外の意見は封殺されます。日本は国連とは違う枠組(TPPや太平洋版NATO,ASEAN)で、味方を増やすのが正解です。韓国と中国は”敵国”なのですから、かの2カ国を除いた枠組みをLeadしていくのが正解です。(2013/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授