• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読み違えた中国、その中国に傾く韓国

「防空識別圏」を専門家に聞く(2)

2013年12月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 “防空識別圏”を宣言した中国は、冷戦末期のソ連を思わせる。だのに怯えた韓国は中国にもっと傾く――。安全保障の専門家、C氏と急変する東アジアを話し合った。

米国を弱腰と見誤った旧ソ連

C:空の縄張りを叫んだ瞬間、そこに米軍機や自衛隊機に入られてしまい、手も足も出なかった中国。1970年代末から1980年代初めのソ連を思い出しました。

 当時のソ連は指導者、ブレジネフの判断能力が衰え、米国の出方を見誤ったのです。「デタント」に応じたカーター大統領を弱腰と判断して突如、アフガンに侵攻しました。

 すると西側が団結して1980年のモスクワ五輪をボイコット。ソ連はアフガン戦争の泥沼にもはまりました。

 さらに米国には対ソ協調派のカーター政権に代わり、ソ連を悪の帝国と呼ぶレーガン政権が登場。大軍拡やSDI(戦略防衛構想、通称「スターウォーズ」)をしかけました。ソ連はこれに対抗するための負担に耐え切れず自壊しました。

鈴置:振り返って見れば、ブレジネフ時代の読み違いがソ連崩壊への伏線となったのですね。

「張り子のトラ」と馬鹿にされた中国

C:今の中国に似ています。サリンを使うシリアへの軍事攻撃を計画していた米国ですが、直前の9月にオバマ大統領は中止しました。米国は世界の警察官をやめるつもりかと各国が思い始めました。

 「米中で世界を仕切る」という中国の主張する「G2論」を11月20日、ライス米大統領補佐官が容認しました。ライス補佐官は「尖閣」に関しても「米国は主権の問題には立場をとらない」と表明しました。

 これらを見た中国は「米国は弱気だ」と考え、尖閣諸島を含む東シナ海の上空に突如、“防空識別圏”を設定したのでしょう。ちなみにそれは「領空の拡張」と呼ぶべき不法なものですが(「似て非なる中国の“識別圏”」参照)。

「早読み 深読み 朝鮮半島」書籍化第2弾、好評発売中
中国という蟻地獄に落ちた韓国

まるで中国という蟻地獄に落ちたかのように、
その引力圏に引き込まれていく韓国。
北の核威嚇で加速する韓国の「従中」は、
日米との同盟に引き返せないところまで来てしまった。
日本は、米国はどう動くのか。


第1弾『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』に
続編が登場。最新の情報が満載です。

コメント13

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「読み違えた中国、その中国に傾く韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官