• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

親中派の張成沢失脚で米国に急接近?

「半島流動化」を荒木和博・拓殖大学教授と読む

2013年12月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2013年12月9日、北朝鮮政府は張成沢氏の解任を公表した(写真:AP/アフロ)

 北朝鮮のナンバー2、張成沢・国防委員会副委員長の失脚で朝鮮半島情勢は一気に流動化する。荒木和博・拓殖大学教授と話し合った。

「中国の言う通りにすればいい」

鈴置:張成沢のすべての職務からの解任と、朝鮮労働党からの除名が12月8日、同党の政治局拡大会議で決まりました。理由は「反党、反革命行為」です。9日の朝鮮通信が伝えました。12月3日から流れていた失脚説が、正しかったことが判明しました。

 北朝鮮の3代目リーダー、金正恩・第1書記の叔母の夫であり、ナンバー2と見なされてきた張成沢の失脚で、何が変わりますか?

荒木和博(あらき・かずひろ)氏
拓殖大学海外事情研究所教授。1956年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒。民社党本部書記局で教育・広報・青年運動等を担当。1997年拓殖大学海外事情研究所専任講師。助教授を経て現職。現在、特定失踪者問題調査会代表、予備役ブルーリボンの会代表、国家基本問題研究所評議員などを兼ねる。予備陸曹長。著書に『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』(光人社NF文庫)など。

荒木:中国の衛星国と化していた北朝鮮が、米国への接近を図る可能性が出てきました。失脚した張成沢は中国と関係の深い人物だったからです。

 数年前のことですが、北朝鮮の元工作員の安明進氏は、2代目の金正日の存命中に以下のように語っていました。

・張成沢は「何でも中国の言う通りにして、その代わり全部面倒を見てもらえばいい」と思っている。それに対し金正日は「米国とも関係を強化しなければならない」と考えている。

鈴置:親中路線を主張する張成沢を、米国との関係改善を考える金正恩が切り捨てた、ということですか?

「ミッキーマウス」でラブコール送る金正恩

荒木:失脚の理由が外交路線にあったかは分かりません。「うるさい義理のおじ」を若いリーダーが嫌ったのかもしれません。あるいは、政権内部での権力闘争に張成沢が破れた、ということかもしれない。放っておけば張成沢に寝首をかかれるかもしれないと思った金正恩の「クーデター」(?)だったという見方もできます。

 しかし、いずれにせよ結果的には、親中路線の主導者だった大物が消えた、ということなのです。

「早読み 深読み 朝鮮半島」書籍化第2弾、好評発売中
中国という蟻地獄に落ちた韓国

まるで中国という蟻地獄に落ちたかのように、
その引力圏に引き込まれていく韓国。
北の核威嚇で加速する韓国の「従中」は、
日米との同盟に引き返せないところまで来てしまった。
日本は、米国はどう動くのか。


第1弾『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』に
続編が登場。最新の情報が満載です。

コメント5

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「親中派の張成沢失脚で米国に急接近?」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官