• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーは素養や性格で決まらない

チームの状況で変わるリーダーシップのあり方

2013年12月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月16日(月)19時、東京ドームにおいて2013年シーズンのJAPAN X BOWL(日本社会人選手権)がキックオフを迎える(オービックシーガルズvs.富士通フロンティアーズ)。

 サッカーやラグビーと同じく、「キックオフ」とはアメリカンフットボールにおける試合開始のことで、バスケットボールはティップオフ、アイスホッケーはフェイスオフと呼ばれている。

 アメリカンフットボールのキックオフは、キッカーがボールを高く蹴り上げ、他の10人のメンバーが一斉に走り出し、ボールをキャッチした相手方のリターナーを止めにかかる。相手方はそれをブロックし、少しでも多くリターンしようとする。11人対11人が、フィールド狭しとフルスピードでぶつかりあう姿は、シンプルだがビッグプレーも飛び出し、アメリカンフットボールの醍醐味のひとつと言える。

 このキックオフのシーンを見るたびに、思うことがある。

 キッカーが起点となって「あそこに蹴ったぞ!」と方向を示す。ボールをどこに蹴り込むかはキッカーの腕(脚?)次第でもあるが、ほかのメンバー全員がその方向に全速力で走ってタックルにかかる。もし仮に相手方のリターナーが、タックラーの第一線、第二線を突破して、大きくリターンしてきたら…。最後の砦となり、身体をはって止められるのはキッカーしかいない。

 「あっちに向かって全力で走ろう!」とビジョンを示し、最後に何かあったら自分が何とかする。そう構える姿は、どこか組織のリーダーに似ている気がするのだ。

 最近、四半期や年度の始めに「キックオフミーティング」と称して方針発表と共有のミーティングを行う企業が増えている。参加者全員がボール(ビジョン)の方向に全力で走ろうとしているのか?その時、経営者はどんな覚悟でいるのか?なかなか興味深いオーバーラップである。

方針発表や共有の場として「キックオフミーティング」を行う企業が増えている

リーダーの決め方は、ない!?

 チームにおける「リーダー」として、一番分かりやすいのはキャプテン(主将)だ。

 チーム史上最長、主将7年目の古庄直樹選手をはじめ、オービックシーガルズは、この30年の歴史の中で12人のキャプテンが率いてきた。

「オービックシーガルズの最強チームの作り方」のバックナンバー

一覧

「リーダーは素養や性格で決まらない」の著者

並河 研

並河 研(なみかわ・けん)

オービックシーガルズGM

1961年9月17日生まれ。奈良県出身。アメリカンフットボール人生は筑波大学に始まり、30年超。現役時代のポジションはOL→DL。2002年からチーム運営会社、OFCの代表取締役を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

大橋 誠

大橋 誠(おおはし・まこと)

オービックシーガルズ ヘッドコーチ

1965年6月9日生まれ。兵庫県伊丹市生まれの東京育ち。1989年リクルート入社。リクルートシーガルズ(現オービックシーガルズ)で8年プレーした後、コーチに。2000年にヘッドコーチ就任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長