• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhoneのバッテリーの悩み全解消! 設定変更で電池長持ち

丸1日フル活用するためのバッテリー消費の抑え方

2013年12月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バッテリーが1日持たない。どうすればiPhoneを長時間使えるのか──。これはiPhoneユーザー全員の悩みだ。当然だが、バッテリーはiPhoneを使えば使うほど早く減る。この事実は避けようがない。

 では、どうやってバッテリー駆動時間を延ばすのか? 見直すべきは、目に見えないところで動作し、バッテリーを消費する機能だ。これらを一つひとつオフにする。1つ当たりの省エネ効果は少ないが、複数を見直せば、バッテリー駆動時間をグンと延ばすことができる(図1)。

図1 朝、フル充電して持ち出したiPhoneが、夕方にはバッテリー残量が10%に。これでは帰宅するまで持たない……。誰でも、こんな経験をしたことがあるだろう。コツコツ省エネを重ね無駄にバッテリーを使わない方法や、万が一、大ピンチになったときの対策などを紹介する

 まずはiOS 7の新機能「Appのバックグラウンド更新」の設定を確認しよう(図2)。アプリが表示されていない状態でアプリが動作してデータをネットなどから取得したり、GPSで位置情報を取得したりできる機能だ。これにより、インストールしたアプリのデータの同期作業などが便利になった。

図2 iOS 7からアプリを表示しなくても通信と位置情報の取得が可能になったが、バッテリーも消費しやすい
図3 バックグラウンド更新するアプリは、「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」でわかる【1】【2】
図4 バックグラウンド更新する全アプリをオフにするなら【1】【2】と操作する。バックグラウンド更新必須のアプリを使う場合は、アプリごとに「オン/オフ」ボタンで設定する

コメント1

「新型iPhoneイライラ知らずの設定術 from 日経PC21」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長