• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

セクシー制服で攻めるスカイマーク

超ミニスカ制服を導入した真意

2013年12月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、航空業界で最も話題となっているのは、スカイマークが12月11日に仏トゥールーズで発表したエアバスA330-300型機と、その際公開された客室乗務員のミニスカートの新制服だ。A330は全271席をシートピッチが広い「グリーンシート」とし、普通席は設けない。衝撃的なミニスカの新制服は、この新機材のキャンペーン用だ。

12月11日に、仏トゥールーズで新型機と客室乗務員の制服を発表したスカイマークの西久保慎一社長(写真中央、撮影:吉川忠行、ほかも同じ)

 スカイマークではA330を2014年1月から2015年にかけて計10機受領する予定だ。当初は2機が就航し、2014年8月に3機目が到着。2014年末には6機体制となり、残りを2015年末までに導入する。路線は羽田発着の幹線で、3月25日に就航する福岡線の後に那覇線、札幌線と半年ごとに順次投入していく。

 グリーンシートは文字通り座席の色が緑で、テーブルは木目調の大型サイズを採用する。西久保愼一社長は「リラックスできる森をイメージした」と語る。

 キャンペーン用に発表した新制服は、丈の短いセクシーな外観でリラックスとは対極の刺激的なもの。一体なぜ、このような組み合わせを考えついたのか。調べてみると、ある狙いが明らかになった。

スカイマークの新制服。ミニスカートが集まった報道陣の目を引いた

コメント24

「吉川忠行の天空万華鏡」のバックナンバー

一覧

「セクシー制服で攻めるスカイマーク」の著者

吉川 忠行

吉川 忠行(よしかわ・ただゆき)

Aviation Wire編集長

ライブドアで同業初の独自取材部門「ニュースセンター」立ち上げに参画。ライブドア事件も内側から報じる。退職後はAFP通信社等で取材を続け、2012年2月Aviation Wire創刊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長