• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1日で100万ダウンロードを記録した人気ゲームアプリの狙い

  • 佐野 正弘

バックナンバー

2013年12月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年11月28日に配信を開始したスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」が、たった1日で当初予定の100万ダウンロードを記録した。初代「ドラゴンクエスト」を先着100万人に無料提供したことが大きな話題を呼んだアプリだ。12月2日には300万ダウンロードを記録するなど、大幅にダウンロード数を伸ばしている。

 非常に強力なIP(知的財産)を持つ企業ならではといえる施策だが、今回の取り組みからIPを有効活用したプロモーション施策について考察したい。

「ドラクエが無料」で300万ダウンロードを獲得

 11月末から12月にかけて、アプリマーケット上で大きな話題となったのが、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」である。このアプリは、同社の主要ゲームタイトルの1つ「ドラゴンクエスト」シリーズの最新情報が手に入るほか、同シリーズのゲーム本編をダウンロードしてプレイもできるポータルアプリだ。

「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」のロゴ

 そしてこのアプリが大きな注目を集めたのには、ある施策が影響している。それはこのポータルアプリ内で、ドラゴンクエストの第1作「ドラゴンクエスト」を先着100万ダウンロードまで無料で配信するというものだ。リリースによると、ドラゴンクエストは通常500円で配信されるとのこと。それが無料で100万配信されたわけだ。

「ドラゴンクエスト」を無料で提供したことが、短期間で多数のダウンロードを獲得することに結び付いた
(C)1986, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

「佐野正弘が読み解く スマホアプリマーケット傾向と対策」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授