• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北も南も二股外交

読者からの質問に答えて(5)

2013年12月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ナンバー2を処刑して中国との関係が悪化した北朝鮮は暴発するのか。日米同盟強化に逆切れした韓国は暴走しないのか――。読者とともに2014年の朝鮮半島を読む。

1月末から北がテロ?

「北朝鮮が2014年1月末から3月初めにかけて挑発してくる可能性がある」と韓国の国防相が12月17日に述べました。

鈴置:ナンバー2の張成沢氏の処刑で北朝鮮の国内が不安定になる。その打開に朝鮮半島の緊張が必要となり、それには韓国を挑発するのが一番の早道、と北は動く――との読みです。

挑発とは具体的に何を指すのですか?

鈴置:それに関して国防相は触れていません。一方、韓国メディアは核実験やサイバーテロ、さらには「韓米日への先制核攻撃」宣言など、2013年春と同様に連続的な様々の挑発が起こることを予想しています。

 あるいは2010年の哨戒艦「天安」撃沈や、延坪島砲撃のような物理的な軍事攻撃の可能性を語る韓国の専門家もいます。2010年とは異なって、今度は海ではなく陸でテロを仕掛けてくる、と言う人もいます。

 12月19日、北朝鮮は韓国の青瓦台(大統領府)に電話通知文を送り「容赦ない報復行動が、予告なく無慈悲に加えられるだろう」と脅しました。

 韓国の保守派が街頭デモで3代の北の指導者の人形を焼いたことに対する反応です。韓国内には「北は何かしてくるぞ」という警戒感が高まりました。

韓国市場も揺らす北の挑発

韓国の国防相も「1月末から3月初め」と挑発の時期をえらくはっきりと明示したものですね。

鈴置:韓国紙は「3月に始まる米韓合同軍事演習『キーリゾルブ』を口実にするため」と書いています。

 韓国軍はもっと確かな情報を持っているのかもしれません。「軍の動向に詳しい北の高官が最近、南に亡命してきた」とも韓国紙が書いていますから。

 もっとも「高まっている政権批判をそらすため、政府がろくな根拠もなしに『1-3月説』を流している」と見る人もいますが。

「早読み 深読み 朝鮮半島」書籍化第2弾、好評発売中
中国という蟻地獄に落ちた韓国

まるで中国という蟻地獄に落ちたかのように、
その引力圏に引き込まれていく韓国。
北の核威嚇で加速する韓国の「従中」は、
日米との同盟に引き返せないところまで来てしまった。
日本は、米国はどう動くのか。


第1弾『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』に
続編が登場。最新の情報が満載です。

コメント8件コメント/レビュー

いうなれば他人(ひと)のことはいい。多かれ少なかれかって日本も二股と言われたかどうかは別にしても、全方位外交だのどうのと言っていた時代もある。為政者が先鋭化か平和ボケか何れでもないことを祈らせて貰いたい。お願いされたと聞けば応えてやりましょうは普通は人情というものだが、昨今の状況は尋常な近所付き合いができていなかっただけに、渡りに船以上に反応、助けてやろうじゃないかの親分気分の個人安全保障会議の帳面消しではいただけない。お願いの連絡は現地の部隊の長たる、国連から、在日大使館からもと枚挙される機関から云々はいい、「貸して」と言ったのか、「くれ」と言ったのか?「貸してくれ」言ったのかが問題だ。この程度での会議決定では緊急性だ、人道上はその内常套的に使われる恐れがある。秘密情報保護法も集団的自衛権問題も、理解への丁寧な説明も、外交・防衛上の秘密情報保護に触れる等で知る権利どころではなくなり、全てなし崩しにされるのが日常茶飯事となる。ずるい輩は大嫌いだ。軽便にして廉価な銃器が悪いのではない、政治を司る人たちが悪いのだと遺言した御仁を思いながら指をとめる。(2013/12/25)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「北も南も二股外交」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いうなれば他人(ひと)のことはいい。多かれ少なかれかって日本も二股と言われたかどうかは別にしても、全方位外交だのどうのと言っていた時代もある。為政者が先鋭化か平和ボケか何れでもないことを祈らせて貰いたい。お願いされたと聞けば応えてやりましょうは普通は人情というものだが、昨今の状況は尋常な近所付き合いができていなかっただけに、渡りに船以上に反応、助けてやろうじゃないかの親分気分の個人安全保障会議の帳面消しではいただけない。お願いの連絡は現地の部隊の長たる、国連から、在日大使館からもと枚挙される機関から云々はいい、「貸して」と言ったのか、「くれ」と言ったのか?「貸してくれ」言ったのかが問題だ。この程度での会議決定では緊急性だ、人道上はその内常套的に使われる恐れがある。秘密情報保護法も集団的自衛権問題も、理解への丁寧な説明も、外交・防衛上の秘密情報保護に触れる等で知る権利どころではなくなり、全てなし崩しにされるのが日常茶飯事となる。ずるい輩は大嫌いだ。軽便にして廉価な銃器が悪いのではない、政治を司る人たちが悪いのだと遺言した御仁を思いながら指をとめる。(2013/12/25)

ある程度の金融不安は韓国にとってウオン安になるからまんざら厭ではないでしょう。アメリカから名指しで為替操作国と警告された時のレートがKw1186/USDだったので、現在のウオン高は丁度良い辺り。米中二股に通貨操作が絡まった三股政策の行方は大変興味深い。(2013/12/25)

おととい、自衛隊から韓国軍に初めての武器援助を行いましたが、現地の韓国軍隊長からは「この弾薬は日本と韓国隊の強い絆の象徴と考えている」とのお礼の電話がありました。 韓国大統領や政府が何を考えていようと【外交の一部を担う韓国軍が自衛隊と共同で軍事関係を深める】という、画期的な事例を作りました。 先の防空識別圏での日韓軍事演習に続いて、軍事的な日韓のつながりは深まっています。このことをよく考えて論じて欲しいものです。(2013/12/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長