• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソフトバンクのT-Mobile US買収が、次世代スマホにもたらすもの

スマホの“日本特有機能”は不要になりグローバルモデル化が進む

2013年12月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アメリカ第3位の携帯電話キャリアであるスプリントが、第4位のT-Mobile USを買収すると報じられている。

 T-Mobile USは、アメリカ携帯電話キャリア4位のT-Mobile USAと同5位のMetroPCS Communicationsが2013年5月に合併して誕生した携帯電話キャリアで、契約者数は約4500万だ。

 ソフトバンクはスプリントを買収したばかりだが、世界征服という野望を叶えるために、孫社長はアメリカ第3位のみならず第4位も買収してしまおうというわけだ。買収には2兆円近い金額が必要になりそうだが、「銀行もカネを貸してくれるし、売りに出ているなら買っておけ」というのが今の孫さんの考えなのではないだろうか。

今度はT-Mobile USの買収に挑む孫社長(撮影は筆者)

 実際、T-Mobile USに関しては、ソフトバンクがスプリントを買収できなかった際の「滑り止め」としての買収が検討されていたし、その前にはAT&TがT-Mobile USを買収しようとしたが、米司法省や米連邦通信委員会から「競争上、よろしくない」と待ったがかかり、頓挫したこともある。

 アメリカでベライゾンと2強体制にあるAT&TがT-Mobile USを買収してしまっては寡占化が進む恐れがあるが、スプリントであれば、3強体制となり、競争が促進される可能性がある。ベライゾン、AT&Tが共に1億1000万前後の契約者数を抱えるのに対し、スプリントは5500万と大きく差を付けられている。ここにT-Mobile USが加われば、契約者数で拮抗状態となる。

 これまで4強体制を貫いてきたアメリカのモバイル市場であるが、孫社長が引き金を引くことによって、一気に3強体制になりそうだ。

ソフトバンクグループはユーザー数1億4000万超に拡大

 仮にT-Mobile USの買収が成功したとき、ソフトバンクグループの日本国内ユーザー(ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコム)と合算すると世界で1億4000万を超えるユーザー基盤を持つことになる。

 またソフトバンクはすでに100社以上のメーカーから端末や周辺機器を調達し、世界のキャリアや小売業に販売している卸売会社であるブライトスターを10月に買収している。

 今後、ソフトバンクとスプリントの端末調達はすべてサンフランシスコの拠点で戦略が練られていく。ソフトバンクとスプリントという日米のキャリアだけでなく、イー・アクセス、さらにはブライトスターが世界向けに調達するものもすべてが対象となるのだ。

 現在、ソフトバンクはサンフランシスコ・サンマテオに拠点を設けているが、ソフトバンク、スプリント、さらにブライトスターとの共同会社がフロア別にレイアウトされており、自由に行き来できるようになっている。

コメント4件コメント/レビュー

孫社長自身の能力を疑う人は少ないだろうが、矢張りアメリカの会社をマネージ出来る人材が足りないのか。だけど、それも承知の上で乗り込んだと思うので、過去の多くのM&Aの失敗の轍は踏まないと期待している。No.3よりもNo.4の方が買収金額が大きいのは、業績や将来性の評価が逆転していると言う事か。スプリントが、第4位のT-Mobile USを買収すると紹介されているが、ソフトバンクが買収するという方法は無いのだろうか。3、4位連合がすんなり承認されるのであれば良いが、難癖を付けられて値段を上げられたら、体力も消耗する事だろう。アメリカの株主は株価を上げる為には何でもするから、嫌らしくもある。孫社長は脇から見ていても楽しい人だ。彼が現役を退いた時にジョブズ亡き後のアップルの行方が見え難いのと同じ状況にならない様に人材育成を確りやってもらいたい物だ。(2013/12/27)

「石川温の「スマホニュース斜め読み」」のバックナンバー

一覧

「ソフトバンクのT-Mobile US買収が、次世代スマホにもたらすもの」の著者

石川 温

石川 温(いしかわ・つつむ)

スマホ/ケータイジャーナリスト

1999年日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社、『日経トレンディ』編集記者に。ケータイ業界を中心にヒット商品、クルマ、ホテルなどで記事を執筆。2003年にジャーナリストとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

孫社長自身の能力を疑う人は少ないだろうが、矢張りアメリカの会社をマネージ出来る人材が足りないのか。だけど、それも承知の上で乗り込んだと思うので、過去の多くのM&Aの失敗の轍は踏まないと期待している。No.3よりもNo.4の方が買収金額が大きいのは、業績や将来性の評価が逆転していると言う事か。スプリントが、第4位のT-Mobile USを買収すると紹介されているが、ソフトバンクが買収するという方法は無いのだろうか。3、4位連合がすんなり承認されるのであれば良いが、難癖を付けられて値段を上げられたら、体力も消耗する事だろう。アメリカの株主は株価を上げる為には何でもするから、嫌らしくもある。孫社長は脇から見ていても楽しい人だ。彼が現役を退いた時にジョブズ亡き後のアップルの行方が見え難いのと同じ状況にならない様に人材育成を確りやってもらいたい物だ。(2013/12/27)

ソフトバンクの野望は携帯市場の世界制覇でしょう。つぎにM&Aで合併を画策するのはヴォーダーフォンでしょう。ここまで来れば孫さんのいっている300年継続できる会社に慣れるでしょう。(2013/12/27)

ガラパゴス機能がなくても売れるのは「iPhoneだから」の一語に尽きます。そこを見誤ると大変なことになりましょう。(2013/12/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長