• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新マニュアル導入で億単位のコスト削減に成功

~全日本空輸 マニュアル電子化の効果~(後編)

  • 田代 真人

バックナンバー

2014年1月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いままでの紙のマニュアルを廃止して、電子化し、すべてのキャビンアテンダント(以下、CA)に約6000台のiPadを配布したという全日本空輸会社(以下、ANA)。当初の目的は紙の使用を中止し、印刷費もかけないコストカットであったが、経営戦略上、早期の人「財」育成という目的も加わった。その後、トライアル期間を経て、本格導入した結果、年間あたり億単位の大幅な経費削減を成し遂げたという。今回は、その一大プロジェクトをリーダーとして率いた業務プロセス改革室イノベーション推進部業務イノベーションチーム主席部員 林剛史氏に加え、現役CAでありながら広報スタッフも務める山本直子氏にも話を訊いた。

電子マニュアルに求められるものは?

キャビンアテンダント兼広報部 山本直子氏(撮影:田代真人、以下同様)

 今回のマニュアル電子化プロジェクトは、CAが3人、IT担当として林氏、グループ会社のANAシステムから4人という計8人でスタートした。そこで、もともとあった紙のマニュアルデータをベースにして、そこに新たなコンテンツも加えていったという。

 「もともと紙マニュアルのPDFデータはありましたので、まずそれをベースにして電子化していきました。ほかにも、最近ではePubという形式も見やすいのでしょうが、PDFにも動画や音声を付加できますし、リンクを付けて見たい情報にもアクセスできるようにしています。また、それ以上に私たち航空会社のスタンスとしてコンティンジェンシー、万が一のとき、つまり緊急時の代替手段というものを常に考えておかなければなりません。iPadが見られなくなったときの代替手段です。

 iPadが何らかの理由で見られなくなった場合、マニュアルを持たずに乗務させるわけにはいきません。応急対処として、紙に印刷し携行させることを考えています。それならば、印刷状態がイメージできるPDFの方が好都合です。また弊社では文書管理システムを構築しており、常に有効期限や参照権限などをしっかり管理している正規文書を登録しています。そして、これはPDFで保持しています。

 もちろん電子マニュアルですから、動画コンテンツなども入れています。これはもともと使用していたDVD動画教材を焼き直したものがベースです。しかし、これからの動画教材は単に手順を教える素材ではないと思っています。たしかに文字で書いてあるより、動画の方が手順を理解しやすいとは思います。ただこれでは本来の目的に適わない。

 今回の目的は、紙を電子化するだけではなく、人財の早期育成というものがあります。つまり、動画教材に求められる一番の効果は習熟を早めることなのです。では習熟を早めるにはどうすればよいのでしょうか?

 従来の考え方であれば、スキルの習得・習熟のためには、実際に乗務経験を積ませることが一番効率的です。一般的に成長というのは、仕事を任されて、それを実際自分で成し遂げることによって得られるものだと思います。これを実現させるのが人財育成ではありますが、今回のCAの場合、動画コンテンツを用いて習得し、実際の乗務でもスキルを発揮してくださいということを求めていたわけです。このような場合、乗務経験を補完するにはどうするか? という問題が生じます。

コメント0

「注目の新市場「次世代マニュアル」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授