• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2年に一度の世界的ヒットゲームに注目せよ

2014年1月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ゲームビジネスで、つねに大きな市場を持っているのが、ファミリーゲームです。

 子供からお年寄りまで、お茶の間でみんなが楽しめるゲームです。熱心なゲームファンが興味を示すジャンルではないため、ゲーム専門メディアで大きく取り上げられることはありませんが、世界的に大ヒットを記録するジャンルです。

 年末には、4人同時プレイが可能な「スーパーマリオ 3Dワールド」(任天堂/Wii U用ソフト/11月21日発売/5700円税別)や「Wii Party U」(任天堂/Wii U用ソフト/10月31日発売/パッケージ版・4700円税別/ダウンロード版4400円税別)が発売されました。これらは全世界のファミリー層に強く訴求し、ヒットを記録中です。

 さらにいうと、今年は、冬季オリンピックの開催年です。

 オリンピックのようなスポーツイベントは、ゲーム産業にとっては宝のなる木です。ぜひとも「マリオ&ソニック AT ソチオリンピック」(任天堂/Wii U用ソフト/12月5日発売/5700円税別)に注目しておいてください。かつて1000万ヒットを記録した「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック」以降、2年おきにスマッシュヒットを記録する人気シリーズの最新作です。

 タイトルを見てわかるように、任天堂のキャラクターであるマリオと、セガの看板キャラクターであるソニックが競演する、きわめて稀有なゲーム。こちらも、2年に一度のお祭りゲームとして、堅実にヒットするでしょう。

写真は、昨年12月開催の「ジャンプフェスタ2014」の光景。家族みんなで楽しめるファミリーゲームは、いつの時代も多くの注目を集めています。

コメント0

「ゲームナビゲート」のバックナンバー

一覧

「2年に一度の世界的ヒットゲームに注目せよ」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師