• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

シューカツも出世も昇給も、結局見た目が重要?

容姿を「数値化」して、分析してみたら…

2014年1月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学生の就職活動が本格化し、あちこちで就職面接会や企業説明会が開かれている。就職活動では第一印象が大変重要であると言われ、「就職は3秒で決まる」、「第一印象で8割は決まる」という意見も聞かれる。第一印象をよくするためのアドバイス・情報は巷にあふれており、第一印象の向上を目指した就活対策セミナーや、就職活動向けのメーク方法の情報サイトさえ存在する。

 第一印象というのは瞬間的かつ主観的なイメージに基づくので、測定・数値化が難しい。また第一印象を決める要素は、顔立ちのような生まれつきの容姿の部分と、表情・態度・身だしなみなどの努力で向上できる部分がある。アメリカでは外見がキャリアにどう影響するかを解明するための研究が重ねられ、測定・数値化の手法が発展していった。また、生まれつきの容姿と、無意識に身につけたと思われる態度が、実は密接な関係にあることも明らかにされてきた。

 この分野での先駆的なのは、テキサス大学のダニエル・ハメルメッシュ教授とミシガン州立大学のジェフ・ビドル教授の共同研究だ。70年代から80年代にかけてアメリカとカナダで行われた聞き取り調査のデータを使い、容姿と給料の間に強い関係があることを示したのである。

容姿を「5段階評価」

 回答者の容姿は、訪問した調査員が5段階評価で採点した。3が平均的な容姿で、1が飛び抜けて素晴らしい容姿、5が不器量という主観的な評価が分析に使われた。調査員が平均の容姿と評価した(評価3)男性と比較すると、平均以下の容姿と評価された(評価4または5)男性の給料は平均で9%低く、平均以上の容姿だと評価された(評価1または2)男性の給料は平均で5%高かった。

 女性の方が外見の影響が大きいと思われるかもしれないが、女性の給料への容姿の影響は男性の場合より小さかった。平均の容姿だと判断された女性と比較すると、平均以下の容姿の女性の給料は5%低く、平均以上の容姿の女性の給料は5%高かった。男性より女性の方が容姿と給料の相関関係が小さいという研究結果は、アメリカ・カナダだけでなく、オーストラリア、中国、韓国、イギリスからも報告されている。

コメント15

「最前線! 行動する行動経済学」のバックナンバー

一覧

「シューカツも出世も昇給も、結局見た目が重要?」の著者

田中 知美

田中 知美(たなか・ともみ)

合同会社エッジ代表

米ハワイ大学経済学科博士課程修了。カリフォルニア工科大学ポスドク、アリゾナ州立大学助教授、慶応義塾大学特任准教授などを経て現職。専門は行動経済学・政策実験。1969年長崎県生まれ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員