• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ピンストライプ支える「伝統」と「カネ」

ヤンキースに人が集まる理由

2014年1月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ニューヨークの地元紙は、田中将大のヤンキース移籍を大々的に報じた。(写真:Thomas Anderson/アフロ)

 田中将大のヤンキース移籍が決まり、日本では「なぜ、ヤンキースに決めたのか?」という報道が大勢を占めているが、アメリカでは様々な角度からの論評が出ている。

 今回、ヤンキースが提示した7年でおよそ160億円にものぼる条件は、他の球団を圧倒したようだ。報道を総合すると、カブスがおよそ120億円、ドジャースが100億円から120億円の間を提示したと見られる。カブスにせよドジャースにせよ破格の提示には変わらないが、ヤンキースには及ばなかった。

 ヤンキースはこのオフ、田中のほかにも黒田との1年契約をはじめ、フリーエージェントとなった大物選手と次々に長期契約を交わした。昨季、ポストシーズン進出を逃し、よりによってライバルのレッドソックスがワールドシリーズで優勝したことも手伝ってか、ヤンキースの補強ぶりが際立つ。

 21世紀に入ってから、ヤンキースの戦力、強さを支えてきたもののひとつに「資金力」があるのは周知の事実だ。

 それにしても、なぜこれだけ豊富な資金力を維持できるのか。ヤンキースに限らず、他球団も大型の契約が用意できる背景には、地元ケーブルテレビ局との巨額の放映権契約によって、長期的に安定したお金が入ってくることが保証されていることが大きい。

 しかも、大都市の放送局の方が広告収入も多く、放映権の金額が高くなる傾向にある。「大都市の球団の方が資金面で有利」という報道をよく目にすると思うが、そうした背景が影響しているのだ。

 ただし人間は、「お金」だけでは決断しない。自分の気持ちを後押しする理由が欲しい。

 ヤンキースの場合、いわゆる「伝統」の力という他球団にない武器がある。

「強さの理由」のバックナンバー

一覧

「ピンストライプ支える「伝統」と「カネ」」の著者

生島 淳

生島 淳(いくしま・じゅん)

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリストとして、アメリカスポーツ、オリンピックスポーツなどを取材。国内では箱根駅伝に関する著書多数。現場だけでなく、経済的な側面からの分析など、幅広いスポーツライティングを目指す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授