• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ベンチャーキャピタルがベンチャーの育成を阻害?

スマホ全盛でベンチャー支援に熱、支援先選びが極めて重要に

2014年1月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スマホ全盛時代となり、ケータイキャリアはベンチャー起業支援に熱心になっている。

 KDDIは2011年8月より「KDDIムゲンラボ」を開始。スタートアップ企業やエンジニアを対象としたインキュベーションプログラムで、これまで5期に渡って24のチームを支援してきた。KDDI社員がメンターとなり、グローバルで通用するアプリやサービスにしようと開発の支援の行う。参加チームにKDDIのヒカリエオフィスのスペースが与えられる他、サービス検証用のスマホが無償で使えたり、サービス開発及び経営支援の双方から専門的なアドバイスが受けられるという。

KDDIムゲンラボ 5期生の表彰式の様子

 NTTドコモも「ドコモ・イノベーションビレッジ」として同様のプログラムを走らせている。

 もともと、KDDIは、田中孝司社長が学生時代にシリコンバレーで過ごした際、起業したかったが断念したという過去があった。田中氏が社長となり、「自由に使えるお金ができた」ということもあり、ベンチャーを支援しようと誕生したプログラムなのだという。

 KDDIムゲンラボに関しては、第1期のころから取材しているが、2011年当初は、フェイスブックなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が流行っていたこともあり、ソーシャルといかに連携させるかというサービスが多かった。

 しかし、第5期に参加したチームを見ると、教育系やオークション、自転車の駐輪場検索サービスなど、スマホとリアル生活を組み合わせたサービスが多かったのが印象的であった。もはや、スマホを持っていることが当たり前となった中、いかにリアルの生活を快適にさせるかという視点でサービスを開発しているところが多いようだ。

コメント0

「石川温の「スマホニュース斜め読み」」のバックナンバー

一覧

「ベンチャーキャピタルがベンチャーの育成を阻害?」の著者

石川 温

石川 温(いしかわ・つつむ)

スマホ/ケータイジャーナリスト

1999年日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社、『日経トレンディ』編集記者に。ケータイ業界を中心にヒット商品、クルマ、ホテルなどで記事を執筆。2003年にジャーナリストとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手