• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モノ作りを捨てたダメ企業だけが生き残るのか

利益だけなら製造委託が大正解なのだが

2014年2月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、ウォルマートは自国内製造業支援のためのファンドを設立した。規模は1000万ドルで、アメリカ製造業のイノベーションを支援するものとしている。「どうせ買うなら海外産でなく、国内産を」。これはバイ・アメリカン法(景気対策の一環として公共事業などにアメリカ製の鉄鋼購入を義務づけたもの)と軌を一にするもので、同社はミドルクラス層の再生も掲げている。

 ウォルマートの呼びかけに、自転車メーカー(自動車メーカーではない)は工場を海外から自国に移すとも発表した。アメリカにおける生産回帰、リショアリングをめぐる報道は多い。

 さて、前回は「生産回帰バカ」と挑発的なタイトルにして、いったん海外に生産を移したあとは、熟練工が不在となるため、国内に生産を回帰しようとしても引き受ける人材がいなくなる可能性を示唆した。著者の知人は、アジア各国の熟練工から日本人が教えを請う日がやってくるのではと述べた。モノ作りにおいてアメリカを日本が追い越したように、アジアが日本を追い越す日が近いというのだ。

 ところで、海外工場から生産を移管する時、自国工場に引き戻すのが1つの方法。そしてもう1つ、自国あるいは他国のEMS(electronics manufacturing service、電子機器の受託製造サービス)に任せるという方法がある。委託する側からすると、製造委託先(manufacturing subcontractor)とも呼ばれる。生産回帰に続く今回のテーマは、この製造委託、EMSだ。

ホンハイ筆頭に拡大するEMS

 先日、かねて独BMWグループと親密なカナダのマグナ・インターナショナルが同社の自動車関連の製造委託を拡大すると発表した。その他、医療機器メーカーに関してもEMSを活用するという報道が多くされている。

 しかし、最も有名なのはアップルだろう。ファブレスにより多くの商品を発売してきた同企業は、「iPhone」などの生産をEMSに委託してきた。台湾に本社を構える鴻海(ホンハイ)精密工業とその生産子会社である富士康科技(フォックスコン)はiPhoneを請け負うことで、電子機器受託生産企業としてトップにのし上がった。

 ホンハイが請け負っているのは、iPhoneだけにとどまらない。ホンハイはiPhoneの対抗馬の1つであるBlackBerryの製造も請け負う模様で、2月に発表すると見られる。これまでホンハイは、様々なクライアントの製造委託を鯨のように飲み込み、そのクライアントたちの身体機能そのものを代替しようとしている。ホンハイのトップである郭台銘氏は、妻を癌で亡くした経験から、癌治療センターへ約5億ドルもの巨額寄付を行うなど、ビル・ゲイツのような慈善活動にまで手を広げており、その動向は常に注目されている。

コメント16件コメント/レビュー

かって世界一を謳われた製造がEMSに負けたのは単純に投資額の差、投資できないのは儲かっていないから、儲からないのはマーケティング、企画、セールスが高品質低コストの製造現場にぶら下がるばかりで能力が低いから。EMSは他社も出来るので製造で差を付けられず、能力の低いマーケティング、企画、セールスだけ残っても潰れるのは時間の問題。潰さない為には、マーケティング、企画、セールスを全員首切ってアップルやサムスンから引き抜くくらいの入れ替えが必要。それが出来ないなら薄利でもEMSしにくい少量多品種生産で技術力を維持しつつ、マーケティング、企画、セールスを社外講師やら他社(商社などが良いか)でのOJTを通じて鍛え直したらどうか。(2014/02/05)

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「モノ作りを捨てたダメ企業だけが生き残るのか」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

かって世界一を謳われた製造がEMSに負けたのは単純に投資額の差、投資できないのは儲かっていないから、儲からないのはマーケティング、企画、セールスが高品質低コストの製造現場にぶら下がるばかりで能力が低いから。EMSは他社も出来るので製造で差を付けられず、能力の低いマーケティング、企画、セールスだけ残っても潰れるのは時間の問題。潰さない為には、マーケティング、企画、セールスを全員首切ってアップルやサムスンから引き抜くくらいの入れ替えが必要。それが出来ないなら薄利でもEMSしにくい少量多品種生産で技術力を維持しつつ、マーケティング、企画、セールスを社外講師やら他社(商社などが良いか)でのOJTを通じて鍛え直したらどうか。(2014/02/05)

アップルなんかは批判されたがEMSの労働条件が悪いのが理由ではないか。どこかのコストを削減することで利益を得ているとすれば、製造部門を自社以外に出すことで、人件費を節約しているということではないか。まあ、そのレベルで品質差を生じない設計をできることが重要だが、多くの日本企業の設計部門はそこまでの技術があるのだろうか。▽示された統計は製造業という分類だが、部品メーカーかセットメーカーかでも変わってくるのではないか。どちらにしても筆者の哀しいという気持ちには共感する。(2014/02/05)

日本の基本的な産業構造を失念したまま、自論を展開しようとしているので、如何なものかと。一次下請けから二次三次と連なるピラミッド構造をお忘れの様です。更に、協力企業グループからの部品調達と。EMSに製造を投げるのはそれらを全部振り落すだけで、本体の従業員数(派遣も含む)には半減等のインパクトは無いでしょう。小生も過去、国内の下請けから中国の合弁先への製造の移管に従事した経験があります。仕事が移管された下請けは次々と無くなりましたが、本体ではEMS先からの受入等の物流の仕事が増大したりして、配置転換等である程度の雇用は守られました。(2014/02/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長