• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

湾岸を変貌させる2つの新路線

BRTと地下鉄8号線にかかる期待

2014年2月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 戦後間もなく都市計画決定された環状2号線計画のうち、未完だった通称「マッカーサー道路」が実現することで、湾岸地域の自動車の便が大きく向上する──。前回の記事でそこまで書いた。

 しかし、湾岸に暮らす人がすべて通勤や買い物に自家用車を使うわけではない。マンションを開発する事業者にとっても、単に環状2号線が開通するというだけでは、住宅地としてなじみの薄い埋め立て地を買う気にはならない。

 日経BPムック「東京大改造マップ2020」(以下、ムックと略す)の頻出キーワードを解説するこのコラム。今回は第2位の「BRT・LRT」と第3位「地下鉄8号線(有楽町線延伸)」を併せて解説する。どちらも湾岸地域の住宅地化を後押しするインフラとして大きな期待が寄せられているからだ。

ムックの「変わるマンション選び」に掲載した湾岸マップの一部。この記事は、湾岸に計画中のマンションとBRT、地下鉄8号線など新交通網の関係について消費者目線で説明している(イラスト:荒木優花)

 まず「BRT」とは何か。BRTは「Bus Rapid Transit」の略で、日本語では一般に「バス高速輸送システム」と訳されている。

バスでも高速・定時走行が可能

 この言葉を日本で耳にするようになったのは、ここ4~5年のこと。先駆例の1つが茨城空港のBRTだ。2010年8月の開通時、建設総合サイト・ケンプラッツでは、こうリポートしている。

 「廃線となった旧鹿島鉄道の線路跡を市道として整備したバス専用道が、2010年8月30日に開通した。茨城県石岡市と小美玉市が道路を整備して、関鉄グリーンバス(石岡市)が専用道を使うバス高速輸送システム(BRT)を運行する。公設民営方式のBRTは全国初だ。

廃線跡を整備した専用道を走るBRT(写真:茨城県)

コメント3

「必須ワードで知る 東京大改造の行方」のバックナンバー

一覧

「湾岸を変貌させる2つの新路線」の著者

宮沢 洋

宮沢 洋(みやざわ・ひろし)

日経アーキテクチュア副編集長

1967年東京生まれ。1990年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、日経BP社入社。日経アーキテクチュア編集部に配属。以来、建築一筋。現在は日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/プレモダン編」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官