• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「働かない時間」革命を起こす

1日24時間の使い方

2014年2月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネス2月10日号の特集「働き方革命」では、労働時間にメスを入れることで競争力を高めようとしている企業のケーススタディーを掲載した。

 ダラダラと働く文化を変えて労働生産性を高める、多様な働き手を集めるなど、企業の狙いは様々だが、記者が今回の取材を通して気づいたのは「働かない時間」の重要性だ。

 平日の夜8時以降が毎日空いている――。

 それは進藤美紀さん(26歳)が想像したこともない世界だった。伊藤忠商事に入社して4年。物流・保険ビジネス部で任された保険取引の仕事はやりがいがあり、夜中までかかる仕事もそれはそれで楽しんでいた。そんな2013年秋のある日、会社は突然「働き方を改革する」とぶち上げた。

 日経ビジネス本誌でも紹介した、午後8時以降の残業を原則禁止し、繁忙期でも午後10時には完全消灯するという内容だ。「残業するなら朝にやれ」と、早朝勤務者に軽食を配布し、割増賃金を設定する力の入れようを多くのメディアが取り上げたため、ご存じの読者も多いだろう。

 会社が旗を振り始めてから、進藤さんの部署でも午後8時以降になりがちだった業務の見直しが進んだ。

 例えば、ロンドン事務所との会議は、基本的に午後5時半~午後6時半(ロンドン時間は朝8時半~9時半)に設定した。以前は午後9時を過ぎる会議もざらだったので「うまくいくのかしら」と心配したが、話す内容が変わるわけではないので、慣れてしまえば普通だった。

 月曜日も、火曜日も、水曜日も、木曜日も、金曜日も、遅くても夜8時までに会社を出る。まっすぐ帰れば8時半過ぎには東京都内の独身寮に着く。世間的には決して早くはない時間だが、毎晩10時や11時まで働くのが当たり前だった彼女にとっては毎日2~3時間の余裕ができたわけだ。「平日の夜の使い方なんて入社以来考えたこともなかったけど、今回のことで真面目に考えるようになった」と進藤さんは話す。

 実際に、進藤さんは夜8時以降の時間をどう過ごしているのか。

コメント6

「働き方革命 「超時間労働」が日本を救う」のバックナンバー

一覧

「「働かない時間」革命を起こす」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック