やり方(Do)をいくら変えたところで、問題は解決できない

やり方(Do)とあり方(Be)を両輪としたチーム力を発揮するには

バックナンバー

著者プロフィール

斉藤 秀樹

斉藤 秀樹

アクションラーニングソリューションズ代表取締役

ビジネス・チームビルディングの第1人者として、コンサルタントして活躍。アクションラーニングソリューションズ代表取締役、日本チームビルディング協会代表理事。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

100%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント1件

「つまり、エンジンやガソリンなど車の推進力に当たるものがあり方(Be)なのです」とありますがガソリンやエンジンは筆者の論理でいえばDoでしょ。その目的地に行くべきなのか、車で行くのか電車で行くのか、またその理由を考えることがBeなのでは?(2014/02/21)

コメント(1件)を読む/書く

閉じる