• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

浅田真央にもらった炊飯器は役にたっているのか?

米に重きを置かない国での販促

2014年2月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いよいよ大詰めを迎えたソチ五輪。この小稿が公開予定の2月20日深夜には、フィギュアスケート女子SPにメダルの期待がかかる浅田真央選手が登場する。

 報道によると、浅田選手は今回、合宿地のアルメニアに日本から持ち込んだ炊飯器でご飯を炊き、日本の味で体調を調えていたという。この記事を読んで、浅田選手が数年前、中国でも炊飯器がらみで話題になったことを思い出した。

 改めて調べてみるとそれは2010年9月のこと。同年2月のバンクーバー五輪フィギュアスケートペアで金メダルを獲得した中国の申雪・趙宏博選手が北京で開いた氷上結婚式に浅田選手は出席した。当時の会見で、二人への結婚祝いには何を贈るのかと尋ねられ、「日本から電気炊飯器を持ってきました」と答えたという。会見にはソチ五輪で引退を表明した「皇帝」ことプルシェンコ選手(ロシア)やバンクーバー五輪銅メダリストのロシェット選手(カナダ)など複数の有名選手が出席したようなのだが、会見を伝えた翌日の中国各紙のスポーツ面は「浅田送申雪電飯煲」(浅田、申雪に炊飯器を贈る)の見出し一色だったようだ。

 浅田選手に触発されたのか、それとも浅田選手が中国人に人気のお土産をいち早くリサーチして選んだのかは定かではないが、成田空港で日本製のハイテク炊飯器を抱えて中国行きの便に乗り込む中国人の姿が目立ち始めたのも2010年ごろだった。日本土産としての人気は今でも続いているようで、今年の2月初旬に成田から上海に戻った際、私の乗る便で炊飯器を持った乗客を数えてみたところ7人いた。中国の家電量販大手、蘚寧電器の傘下に入って以降、中国人観光客にターゲットを絞って商売している家電量販のラオックスも、中国語ホームページの人気商品の欄で、ダイキンの空気清浄機と並んで、東芝のIH電気炊飯器5万7540円也を紹介している。また、先の乗客らが抱えていた製品の品番をこっそり控えて値段を調べてみたところ、日立のIH炊飯器は楽天グローバルマーケットで7万3290円、象印のIH炊飯器は4万1790円の値が付いている。5万円以上の価格帯が人気のようだ。

成田発上海行きの便には炊飯器を抱えて乗り込む人がたくさん

 さて、日本製の炊飯器がなぜ中国人観光客に人気なのかを分析した記事は、中国人、日本人によるものによらず数多くあるのだが、共通しているのは、「日本製の炊飯器はご飯がおいしく炊ける」「日本製は技術が高い」、その2点に中国人が驚き、感心したため、というもの。

 日本でも2006年ごろから流行り出した高級電気炊飯器は、内釜を従来主流だったステンレス製から木炭を削り出して作ったものにして熱伝導を良くしたり、蒸気を炊飯器内部に閉じ込めることで電気と蒸気の両方で米を一気に加熱することができるようにしたりするなど、ふっくら均一な炊き上がりを実現したことで、ご飯の味を飛躍的に向上させたと言われる。

コメント7

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「浅田真央にもらった炊飯器は役にたっているのか?」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授