• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうして「飲みニケーション」では結果が出ないのか?

2014年2月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビジネスで結果を出すために、組織の中のコミュニケーションを活発にしよう。こう考える人は多いです。

 それでは、どのようなコミュニケーションが正しい結果を生み出すのでしょうか。営業課長と部下のチームリーダーとのやり取りを参考に検討してみます。

●営業課長:「君のチームは今期も全然結果を出していない。一体どうした」

○部下:「すいません。チーム内のコミュニケーションを良くしようとしているのですが、なかなかうまく行きません」

●営業課長:「ちょっと心配だな。コミュニケーションは重要だ。だが、それが目的になっていないか」

○部下:「え?」

●営業課長:「目的は結果を出すことだ。チームのメンバーが全員、結果を出そうとして行動したら、コミュニケーションは自然に良くなる」

○部下:「そういうものでしょうか」

●営業課長:「今期はどんな取り組みをしている?」

○部下:「チームの飲み会を定期的にやっています」

●営業課長:「飲み会?」

○部下:「月に1回、『飲みニケーション』をしようと。風通しがよくなると思ったので」

●営業課長:「……何を言っている。そんなことで結果など出ないだろう」

○部下:「それが……なかなか」

●営業課長:「当然だ。飲み会を開く、結果を出す、両者の間に直接の関係など無い。チームの雰囲気が良くなって、やる気が出て、まわりまわって結果が出るかもしれないが、あまりに都合のよい考え方だ。まあ、結果が出なくて良かった。勘違いされたら困るから」

○部下:「……」

コメント4

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうして「飲みニケーション」では結果が出ないのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長