• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

靖国参拝に米国が「失望」した真意

修正主義者が「ついにやっちまった」

2014年2月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍晋三首相による昨年12月26日の靖国参拝がいまだに尾を引いている。

 参拝直後、米国側は「失望」という言葉を表明。今月は衛藤晟一首相補佐官による「われわれの方が失望だ」という発言が飛び出した。日米両国だけでなく中国・韓国をも巻き込んだ外交上のせめぎ合いが続いている。

 安倍首相は昨年末の参拝後、その目的について「尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りすること」と発言した。首相は、他国から文句をつけられる筋合いのことではないと考えており、言動に自信さえのぞかせている。

 安倍首相は米国が「失望」した真意をいまだによく理解できないでいるようでもある。日本の首相は過去に何度も靖国に参拝をしていたが、米国はほぼ黙認してきた。しかし今回だけは、なぜ態度が違うのかとむしろ反駁する。

 小泉純一郎元首相は計6回、在任中に靖国参拝をしたが、「失望」されるどころか、ブッシュ元大統領と個人的な信頼関係を深めさえした。小泉氏の秘蔵っ子と言われた安倍氏の時代になって、なぜ「失望」に変わったのか。

 その意味合いを外交的視点と社会心理学的な視点の両面から論じたい。

安倍首相は修正主義者

 安倍氏は、靖国参拝が中国や韓国の反発を招くことは最初から分かっていたはずである。米側も歓迎していなかった。大きな反発はないとか、問題にならないとの思いがあったとすれば、首相の読みの甘さは本物と言わざるを得ない。

 というのも各方面に取材すると、米側の真の反応は単なる「失望」ではなかったからだ。怒りであり、憤懣だった。

 ワシントンで日米関係に携わる高官たちの間には、修正主義者というレッテルが貼られた安倍像がある。その男が「ついにやっちまった」という印象なのだ。

 しかし米政府内には同盟国のトップを公に批判することは控えるべきとの配慮が働く。憤りを表すのは仲間うちだけで、対外的には「失望」という柔らかい言葉を選択したということである。

 それでも日米関係は、いまだに重要な2国間関係であることに変わりはない。同盟国を批判して両国関係に亀裂を入れてはいけないとの思いがある。ただ靖国参拝について、米側は日本に対してはっきりと意思表示をする必要があった。そうした状況を踏まえての「失望」発言だった。

コメント130件コメント/レビュー

米国の現政権高官の本音を取材した情報という意味では参考になる記事である。しかし、「人の嫌がることはしない」以下の行は頂けない。あたかも米国高官の代弁をしているようである。 米国が行った「マインドコントロール」に見事に縛られてしまった日本人。その典型のような言論である。もうそろそろ目を覚ましても良いのではないか?日本が何故「大東亜戦争」を開戦せざるを得なかったのか、また、日本が二度と立ち上がれないように米国が占領期に行った政策の数々について、殆どの日本人は無知である。 歴史は動態的に変化する。最早、戦後秩序が維持できなくなったことは、まぎれもない事実。「世界平和と安定」、「地球環境保全」に向けて、我が国は高い次元に立つ「貢献」が期待されている。中華人民共和国や半島の両国の根拠なき「プロパガンダ」や「示威」、あるいは「脅し」に惑わされてはならない。自らの主体性を取り戻し、普通の国家として体制を固めることが急務ではなかろうか。(2014/02/27)

「アメリカのイマを読む」のバックナンバー

一覧

「靖国参拝に米国が「失望」した真意」の著者

堀田 佳男

堀田 佳男(ほった・よしお)

ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業後、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社勤務後、90年にジャーナリストとして独立。政治、経済、社会問題で取材活動をつづけ、滞米25年後に帰国。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国の現政権高官の本音を取材した情報という意味では参考になる記事である。しかし、「人の嫌がることはしない」以下の行は頂けない。あたかも米国高官の代弁をしているようである。 米国が行った「マインドコントロール」に見事に縛られてしまった日本人。その典型のような言論である。もうそろそろ目を覚ましても良いのではないか?日本が何故「大東亜戦争」を開戦せざるを得なかったのか、また、日本が二度と立ち上がれないように米国が占領期に行った政策の数々について、殆どの日本人は無知である。 歴史は動態的に変化する。最早、戦後秩序が維持できなくなったことは、まぎれもない事実。「世界平和と安定」、「地球環境保全」に向けて、我が国は高い次元に立つ「貢献」が期待されている。中華人民共和国や半島の両国の根拠なき「プロパガンダ」や「示威」、あるいは「脅し」に惑わされてはならない。自らの主体性を取り戻し、普通の国家として体制を固めることが急務ではなかろうか。(2014/02/27)

(1)靖国参拝は、日本の国内問題だと思います。靖国に参拝したい政治家がいても、そうでない政治家がいても問題ないでしょう。靖国参拝は、「日本国内」で議論すべき問題です。(2)日中平和友好条約では、相互尊重・相互不可侵・相互内政不干渉が謳われています。中国が靖国参拝にクレームをつけるのは、相互内政不干渉に関しての条約違反です。また第二次大戦中、国共合作をしていましたから、中国共産党(中華人民共和国)も連合国側でしょう。しかし、日本を相手に全面的に戦ったのは蒋介石の国民党(台湾)です。その台湾が、中国のように「積極的に」靖国参拝に反対しないのは、なぜでしょうか?(3)日本と韓国は、第二次大戦では戦争していません。日韓併合は1910年であり、それ以降は朝鮮半島は日本の領土です。韓国は、第二次大戦を日本側として戦ったのです。また東京裁判でも、日本の朝鮮支配は争点になっていません。つまり靖国のA級戦犯合祀問題は、韓国とは何の関係もありません。(2014/02/27)

二日間、読む暇が無かったのですが、強烈なコメント数ですね。どんなコメントが並んでいるか楽しみですが、安部首相の人間としての小物ぶりに、日本全体が振り回されるのは情けない話です。とりわけ、嫌韓を煽りたて、日本さえ良ければの論法の挙句、卑韓、卑中に付き走る一部マスコミやネトウヨが安部賛美を行うことでどれだけ国益を損ねているか、歴史的視座から冷静に見なければならないと考えます。このままでは、安部氏の描く対中包囲網は瓦解することが自明です。尤も、彼自身は自分以外の日本人がその血を流して国を守るはずだとの確信を持っているのかもしれませんが。(2014/02/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長