• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホ料金のからくりを理解して、構造改革に挑もう

削れるポイントを把握すれば、やるべきことが見えてくる

2014年3月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、多くの方にお読みいただきありがとうございました。

 スマホ、携帯電話の長期利用者が冷遇されているという事実は、スマホビジネスにかかわる人の多くが知っていることです。そして、このまま放置しておくことは、ビジネスとして健全ではないし、利用者(特に長期利用者)にとってもいいことではない、と考えている人も多くいます。個人的には、いずれ何らかの形で是正されていくのではないかと考えています。

 とはいえ、毎月払うスマホの料金は、利用者にとって喫緊の課題で、極めて重要です。消費者としてまずすべきは、今の仕組みをきちんと理解したうえで、最適な選択をすることです。そこで、今回は、スマホの料金の仕組みを解説していきたいと思います。

 スマホの料金というと、とても「複雑」で「わかりにくい」から、詳しく見るのを避けてきた方も多いと思います。実際、家電量販店などの店頭で、店員の言われるままに契約している人もよくみかけます。

 ですが、スマホの料金を節約するには、料金の仕組みの理解が不可欠です。

 前回の記事で、スマホの月額料金は、基本料とパケット定額プランなどを足して6000円~7000円になると書きました。基本料980円に、パケット定額料が5000~6000円程度かかるのですから、当然でしょう。

 ですが、その一方で、契約方法によっては月額3000円台の人もいるとも書きました。パケット定額料の5000~6000円を払いながらです。

固定費が月7000円なのに、なぜ月5000円を切るのか

 この不思議な状況を産みだしているのが、「月々サポート」(NTTドコモの呼び方)などの、各携帯電話会社(キャリア)が購入した端末(スマホ)の支払いの割引サービスの存在です。

 こういう仕組みを知らずに、料金だけ引いてもらうというのは、現実には難しいでしょう。知らないままでは店員の言われるがまま。それなりの料金値下げを実現するには、消費者側の情報武装は欠かせません。

 冒頭から、「複雑」とか「わかりにくい」などと脅してしまいましたが、恐れることはありません。ポイントを押さえてしまえば、意外とすっきり腑に落ちると思います。余談ですが、料金の仕組みを知ると、改めて、携帯主要3社の料金は横並びなんだと、実感すると思います。横並びで、膨大な利益を得ているわけです。

 なお、現在のスマホは、高速データ通信サービスの「LTE※」に対応した製品がほとんどなので、今回の記事では、各社のLTEサービスを中心に据えて料金の構造をひもといていきましょう。

※LTEは、NTTドコモでは「Xi」(クロッシィ)、KDDIは「au 4G LTE」、ソフトバンクモバイルも「SoftBank 4G LTE」の名称で提供されている通信サービスです

コメント8

「脱・払い過ぎ! スマホ料金「構造改革」」のバックナンバー

一覧

「スマホ料金のからくりを理解して、構造改革に挑もう」の著者

岩元 直久

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

ITジャーナリスト

日経BP社でIT、ネットワーク、パソコン雑誌の記者、デスクを歴任。特にモバイル分野については、黎明期から取材・執筆を続けている。独立後も継続して、モバイル、ネットワークの動向を執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長