• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シリコンバレーの“名家”、ザッカーバーグ家・ウォジスキ家などの人々

  • 瀧口 範子=ジャーナリスト

バックナンバー

2014年3月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本にもよくあるようにシリコンバレーにも、有名な兄弟や有名な家族、いわゆる“名家”の人々がいる。家族の絆でビジネスを拡大し、時には名声も利用するという関係だ。

 よく知られているのは、フェイスブック(Facebook)CEOマーク・ザッカーバーグの2歳年上の姉、ランディ・ザッカーバーグだ。彼女は、まだフェイスブックの社員が20数人しかいなかった頃に、弟の勧めで入社した。それまではニューヨークの広告代理店で仕事をしていたという。弟は、航空券まで送ってきたらしい。

 ランディ・ザッカーバーグは派手好きのようだ。「クラシックな人生がいいとは思うけれど、そこにラスベガスっぽいきらびやかさが欲しいわ」というのが、彼女の信条。あるパーティーに行った際に彼女がステージ上で歌うのを見たのだが、立派な度胸の持ち主で、ちょっとシャイな弟とは大違いだった。小さい頃から家でティナ・ターナーらの曲を大声で歌い上げていたらしい。

 彼女はフェイスブックで数年、スポークスパーソンなどを務めた後に退社し、現在はプロダクション会社を経営している。テレビや映画、ビデオ制作を行っているようである。

ウォジスキ家はグーグルと深い絆

 他に有名な家族といえば、何と言ってもウォジスキ家だろう。父親のスタンリー・ウォジスキはスタンフォード大学の名誉教授。かつて物理学部の学部長を務めていた。母は元ジャーナリストで、現在は教育者である。

 さらに注目すべきは2人の娘だ。

 姉のスーザン・ウォジスキはグーグルの広告部門およびコマース担当の副社長だったが、このたびユーチューブ(YouTube)のトップに任命された。実はグーグルが創業したのは、このスーザン・ウォジスキの家のガレージである。家のローンの足しにしようと貸し出したところ、後々にすごいことになる会社が店子(たなこ)になったのである。彼女は、ハーバード大学を卒業してUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)でMBA(経営学修士)を取っている。マーケティング担当者として、グーグルの16番目の社員になった。

妹はDNA検査企業の創業者

 スーザン・ウォジスキの妹、アン・ウォジスキは、グーグルの創業者の1人、セルゲイ・ブリンと結婚した。そして最近になって離婚。彼女自身もまた起業家で、DNA検査キットを一般消費者に売る企業23andMeを創業。このキットでまだ顕在化していない持病を見つけたり、親戚を捜したりといったことが可能だという。だが、最近FDA(連邦食品医薬品局)が、“病気予想”は違法として、その目的でのサービスを差し止めた。

関連記事:グーグル首脳の女性問題に見る、非ロマンチックなシリコンバレー的「婚前契約書」

 いずれにしても、このウォジスキ家はシリコンバレーの名家扱いで、何かとメディアで取り上げられている。

「シリコンバレー通信  from PC Online」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授