• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「米国の怒り」を日本のメディアで知った韓国人

読者からの質問に答えて(7)

2014年3月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国が怒りだしても馬耳東風。米中の間で二股をかける韓国はどこへ行くのか――。読者と展開を読む。

韓国から「驚いた」

普通の韓国人は「二股外交」をどう考えているのでしょうか。

鈴置:興味深いエピソードを紹介します。2013年12月にバイデン副大統領が「米国の反対側に賭けてはいけない」と朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に述べました。

 それも韓国記者団の目の前で、です。要は「二股外交を止めろ」と韓国人に直接呼びかけたわけです。

 それを日経ビジネスオンラインで書いたら(「北朝鮮に『四面楚歌』と嘲笑された韓国」参照)、韓国の知り合いからどっと連絡がありました。

 ある人は電話をくれました。「実に参考になる記事でした」とのお褒めの言葉でした。別の人は初めて年賀状をくれて「鈴置さんの『韓国の中国傾斜』に関する一連の記事はこちらでも話題になっていますよ」と書いてきました。もちろん、日本語を読める韓国人の中で、ということでしょうけど。

待望の第3弾 最新刊Amazon先行予約開始!
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫る。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
Amazon先行予約スタート!

コメント13件コメント/レビュー

そう思うね。韓国人は米国が中国の提案を受けるとでも思ったのであろう。だから中国寄りになって、日本批判になっている。米国は共産圏の国とは組まないという根本は変わっていないということだ。同盟国同士が密になってアジアの平和均衡を乱す者に対抗すべき時期に、いつまでも過去を引き摺っていてはダメで前を向けと言いたいのだと思う。日本も同じ事が言えますよ、米軍の傘の下で平和が当たり前と思っているが、そうは問屋が卸さない。放置しておいたら日本も従軍慰安婦の被害者になる日が近いかも知れない。今こそ自国の事は自国で守らなければ。(2014/03/17)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米国の怒り」を日本のメディアで知った韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そう思うね。韓国人は米国が中国の提案を受けるとでも思ったのであろう。だから中国寄りになって、日本批判になっている。米国は共産圏の国とは組まないという根本は変わっていないということだ。同盟国同士が密になってアジアの平和均衡を乱す者に対抗すべき時期に、いつまでも過去を引き摺っていてはダメで前を向けと言いたいのだと思う。日本も同じ事が言えますよ、米軍の傘の下で平和が当たり前と思っているが、そうは問屋が卸さない。放置しておいたら日本も従軍慰安婦の被害者になる日が近いかも知れない。今こそ自国の事は自国で守らなければ。(2014/03/17)

いつもながらに冷静かつ知的な分析、感服いたしました。日に日に抑えるのが難しくなる韓国への嫌悪感、米国への不信感も、鈴置さんのコラムを読むと、しばし薄らぎ、多面的にものごとを捉えることを怠った自分を恥じます。私見ですが、日本人はその教育課程に議論をする機会や戦略を学ぶ機会が少ないこともあってか、いささかものを単純化してみる傾向があり、特に昨今のように、国家が劣勢に追い込まれたとき、国民が受けるプレッシャーは思いのほか強く、そのベクトルが負の方向に振れやすいように思います。韓国の二股外交のスケープゴードにされ、一般の日本人が墓穴を掘るような展開だけは絶対に、避けなければならない。こちらのコラムのような、真にリベラルで良質な記事が手軽に読め、多くの日本人の目に触れることを願ってやみません。これからも楽しみにしています。(2014/03/17)

残念ながら、もはや韓国は完全に中国の手先となって「日本の敵」として振舞うようになっています。アメリカもそろそろ愛想を尽かしてもよさそうなものですが、朝鮮戦争の経緯があるために離れられません。戦前は日本がこの困った半島をなんとか制御していましたが、アメリカは日本を叩き潰してしまったために(半ば意図せずに)朝鮮半島を抱え込むことになりました。歴史は後戻りできませんから、このまま韓国はアメリカに面倒を見てもらって。日本はなるべく関わらないでいるのが賢い選択かと思います。(2014/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授