• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「米国の怒り」を日本のメディアで知った韓国人

読者からの質問に答えて(7)

2014年3月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国が怒りだしても馬耳東風。米中の間で二股をかける韓国はどこへ行くのか――。読者と展開を読む。

韓国から「驚いた」

普通の韓国人は「二股外交」をどう考えているのでしょうか。

鈴置:興味深いエピソードを紹介します。2013年12月にバイデン副大統領が「米国の反対側に賭けてはいけない」と朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に述べました。

 それも韓国記者団の目の前で、です。要は「二股外交を止めろ」と韓国人に直接呼びかけたわけです。

 それを日経ビジネスオンラインで書いたら(「北朝鮮に『四面楚歌』と嘲笑された韓国」参照)、韓国の知り合いからどっと連絡がありました。

 ある人は電話をくれました。「実に参考になる記事でした」とのお褒めの言葉でした。別の人は初めて年賀状をくれて「鈴置さんの『韓国の中国傾斜』に関する一連の記事はこちらでも話題になっていますよ」と書いてきました。もちろん、日本語を読める韓国人の中で、ということでしょうけど。

待望の第3弾 最新刊Amazon先行予約開始!
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫る。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
Amazon先行予約スタート!

コメント13

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米国の怒り」を日本のメディアで知った韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)