• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhoneを“電話機”としてフル活用する

「着信拒否」「リダイヤル」機能などを使いこなす

2014年3月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ウェブページを閲覧したり、いろいろなアプリを活用したりするのに便利なiPhone。その一方で電話には不向き……と考えている人も多いだろう。だが、それは間違い。iOSの進化とともに電話の使い勝手も向上している。

 iOS 7では、「着信拒否」機能が追加。特定の相手を着信拒否に登録できる。手が離せず出られなかった電話に、確実に折り返すための通知機能もある。このほか着信音や振動パターンの割り当てや「連絡先」アプリなども駆使すれば、使い勝手はさらに向上する。

着信拒否を設定する

 迷惑電話が頻繁にかかってくる。通話に出たくない相手がいる……。こんなときは、「着信拒否」機能が便利。「電話」アプリの着信履歴や「連絡先」から、拒否したい相手の電話番号を選択。着信拒否に登録する(図1図2)。登録後は、発信相手に通話中のように装えるので安心だ。

 受信側も着信音が鳴ったり、バイブレーションが動作したりしないので、電話の着信に悩まされずに済む。この拒否機能は電話だけでなく、「FaceTime」や「メール」「メッセージ」にも対応している。

図1 不審な電話を着信拒否に登録してみよう。「電話」アプリの「履歴」を開き(1)、拒否する電話番号の「i」マークをタップ(2)。情報画面で「この発信者を着信拒否」→「連絡先を着信拒否」と順にタップする(3、4)
図2 図1で登録した電話番号は、「設定」から「電話」→「着信拒否設定」と順にタップすると確認できる(1、2)。着信拒否を解除する場合は、右上の「編集」ボタンを押して解除する相手を選ぶ

コメント0

「新型iPhoneイライラ知らずの設定術 from 日経PC21」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長