• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トンカツ食べてダイエット

油がいらないフライヤー(フィリップス エレクトロニクス ジャパン、わがんせなど)

2014年3月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

油を使わないで、空揚げやトンカツを調理できるフライヤーが脚光を浴びている。ヒーターで熱した空気を、ファンを使って本体内で高速循環させて調理する。脂肪分を最大8割カットでき、カロリーを気にする中高年などに支持されている。

 太りそうだと思いながらも、つい食べたくなる鶏の空揚げやトンカツなどの揚げ物。サクサクの衣に、肉汁がじゅわっと広がる食感がたまらないという人も多いことだろう。

 だが中高年になると健康診断で「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」や「中性脂肪」の値に異常が出る人も珍しくない。脂質異常症(高脂血症)と診断されると、食事に気をつける必要が出てくる。日本人の死亡原因で上位の心筋梗塞や脳梗塞につながるリスクがあるからだ。

 とりわけ揚げ物は、脂っこい料理の代表選手で、健康のためになるべく避けたいと考える人も多い。

油の代わりに熱風で調理

 健康志向が強まる中で人気が急速に高まっているのが、油を使わないで空揚げやトンカツなどを簡単に調理できるフライヤーだ。油の代わりに熱した空気で調理するため、脂肪分を大幅にカットできる。

 火つけ役は、フィリップス エレクトロニクス ジャパンが2013年4月下旬に発売した「ノンフライヤー」。世界で150万台以上売れたヒット商品を日本でも投入した。

 当初は2013年中に5万台を販売する計画だったが、家電量販店などで品切れが相次いだため、生産計画を上方修正。販売目標を4倍の20万台に引き上げた。オープン価格で実売想定価格は2万9800円だが、インターネット通販や家電量販店では2万円台後半で販売されている。

 ノンフライヤーを使った調理の仕組みはこうなっている。

下味をつけて小麦粉やパン粉など衣をまぶした食材をバスケット内の金網の上に並べて閉じる。レシピで指定された温度で予熱したうえで、タイマーで調理時間をセットする。80~200度の熱風を様々な方向から食材に吹きつけて加熱する。完了すると音が鳴るので、バスケットを引き出して調理済みの食材を取り出す

 鶏の空揚げの場合、まず油で揚げる場合と同じように食材に下味をつけ、小麦粉・片栗粉を混ぜた衣をつける。市販の空揚げ粉をまぶしてもいい。次に下ごしらえをした食材を、本体下部にあるバスケットを引き出して金網の上に並べて閉じる。そして食材の種類と分量に応じて、添付されているレシピ通りに温度とタイマーをセットする。

コメント0

「病気を恐れずにすむハイテク技術」のバックナンバー

一覧

「トンカツ食べてダイエット」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス記者

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員