• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中高一貫校は、廃止せよ

荒れた“公立”こそ、実社会の鑑

2014年3月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、中高一貫校が増えている。今では全国に900校以上ある。1999年からは公立校もできて(宮崎、岡山、三重)、その数は今や184校にもなる。中高一貫校が増えるのは、大学受験で実績をあげているからだ。高校受験に惑わされずに、6年後に向けて腰を落ち着けて勉強できる。また学力レベルのそろったクラスで効率的に勉強できる。中学受験目指して小学生のころから勉強に励むようになるというメリットがある。

 また、全寮制については、エリートの卵に全人格的教育を施すということへの期待もある。年配の政治家や財界人の中には、こういう考え方が根強い。「日本がだらしないのは社会をリードするエリート養成の学校がないからだ」「戦前は旧制高校があって人格見識の高い人間を創っていた。欧米にもボーディングスクールがある。全寮制の中高一貫校をもっと作るべきだ」。

 しかし、私は大いに疑問だ。私の周りには中高一貫校、特に有名私学の出身者がたくさんいる。職業は医者、官僚、学者、銀行マンなど社会の中心にいる人が多い。立派に活躍され、人柄、能力ともに申し分ない人がほとんどだ。だが、こと「政治」や「改革」となると彼らは驚くほどに不調法である。それはもう信じられないくらいどんくさい。何と比べてか。そりゃあ、あの橋下徹や不肖、この私(一応「改革」を専門としている。今月、朝日新書から『組織がみるみる変わる 改革力』を出したのでぜひご一読いただきたい)なんかと比べてである。

 彼らとボクらはいったい何が違うのか。それは「荒れた公立中学校に通っていた」という点である。おかげで私たちはケンカに強い。ちょっとやそっとのことでは驚かない。

荒れた公立中学校こそが人間を鍛える

 荒れた公立中学校では、毎日がサバイバルである。

 まず椅子に座る前には必ず押しピン(画鋲)が立てられていないことを確認しなくてはならない。体育のある日には、体育着と運動靴が入った袋を椅子にかけていたらすぐになくなる。机の脚にちゃんとくくりつけておく(おかげで今もイタリア旅行でモノを盗まれないのだ)。

 そして、教室に入るときには、必ず引き戸の頭上にチョークまみれの黒板消しがセットされていないことを目視チェックしなくてはならない。…とにかく忙しい。片時も心が休まらない。

コメント35

「上山信一の“あまのじゃく”改革談義」のバックナンバー

一覧

「中高一貫校は、廃止せよ」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック