• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「プレミアム」と「ラグジュアリー」の違い、知ってますか

高級ブランドは、なぜ値上げをしても売れるのか

2014年5月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 消費増税による幾分の減少要因はあるものの、金融緩和と円安による株高が富裕層を中心とした購買意欲を刺激し、国内の消費は上向いている。また、海外からの観光客によるインバウンド消費も国内消費を後押ししている。そのような中、ラグジュアリーブランドの好調さが目立つ。2013年に円安による10%前後の値上げがあったにもかかわらず、売り上げは120%以上の伸びを記録したブランドも多い。

 特に、人気が目立つのは「ルイヴィトン」「エルメス」「シャネル」などの老舗メゾンである。先日LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)の2014年第1四半期の決算発表があったが、日本での売上は前年同期比132%となった。増税前の駆け込み需要の影響がその要因であるが、市場のニーズは底堅く力強いことを示す結果となった。一方で、ラグジュアリーとマスの間に位置するプレミアム/アッパーセグメントのブランドは勝ち負けの差が目立つ。例えばアパレルなら、国内大手アパレルメーカーが手がける百貨店チャネル向けの高価格帯ブランドではそれが顕著だ。オンワード樫山の23区、組曲のように好調を維持しているブランドもあるが、どちらかというと苦戦しているブランドが多い。

 さて本日から全5回にわたり、「輝き続けるブランドの本質」というテーマのもと、長年業績好調を維持しているブランドを取り上げ、その本質と成功の要諦について解説したい。第1回の本日は、冒頭述べたようにラグジュアリーブランドはなぜ強いのかについて取り上げたい。

 読者の皆様はプレミアムブランドとラグジュアリーブランドの違いを明確に説明できるだろうか。

マーケティング理論では語れない高級ブランド

 価格、歴史、顧客、品質などなど、様々な切り口が頭をよぎったかもしれない。答えは、ブランドの作り方にある。プレミアムブランドでは、基本的に従来のマーケティングの考え方、すなわちSTP(セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニング)がブランド戦略の中心にある。セグメンテーションとターゲッティングは文字通りどのように市場を細分化しどのセグメントを狙うか、そして、ポジショニングとは競合に対してどのように差別化するかである。そのためのHow to が一般的に世の中で語られているマーケティング理論である。

 一方で、ラグジュアリーブランドは作り方が全く異なる。ブランドの根幹は、あくまでデザイナーやメゾンの世界観であり、極論を言えば顧客も競合もブランドの根っこの部分では意識していない。ラグジュアリーブランドの立ち上げにおいては、そのブランドでしか味わえないオンリーワンの世界観を築くこと、作り手の主観を徹底的に磨き上げることが何よりも重要なのだ。

 この定義に基づけば、例えば、日本が誇るデザイナーズブランドの1つ、コム・デ・ギャルソンは立派なラグジュアリーブランドである(ここでは詳細には触れないが厳密には、アパレルのラグジュアリーブランドは、デザイナーの世界観が先行するデザイナーズラグジュアリー(例:ジャン・ポール・ゴルチェ)と、ブランドそのものの世界観やアイコンが先行しデザイナーの創作範囲を規定するメゾン型ラグジュアリー(例:エルメス)に分けられる。コム・デ・ギャルソンは前者である)。

コメント3件コメント/レビュー

プレミアム って、割増金のことでしょう? オプションに払うプレミアム。だから時間が経過すると、金額が低減するのです。(2017/10/30 15:31)

「輝き続けるブランドの本質」のバックナンバー

一覧

「「プレミアム」と「ラグジュアリー」の違い、知ってますか」の著者

福田 稔

福田 稔(ふくだ・みのる)

ローランド・ベルガーP

慶応義塾大学商学部卒、欧州IESE経営大学院経営学修士(MBA)。大手ITコンサルティング会社を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

プレミアム って、割増金のことでしょう? オプションに払うプレミアム。だから時間が経過すると、金額が低減するのです。(2017/10/30 15:31)

「それがなんぼのもんや」という言葉がある。妻は医師でそこそこの収入はあるが、人間の生死を前にしているせいかブランド品やグルメには一向に興味を示さない。誰も病気になったら裸同然、もっとカネをかけるところはあるよね。(2014/05/12)

>現在日本の消費者は世界一厳しい目を持っていると言われて久しい。  >成熟した消費者の多くは本物を見極める目を持っている。  とありますが、やはりある程度生活に余裕があって年齢を重ねている方でなければ、分りやすいブランド品にはお金を掛けても、それ以外は“安いほど良い”というような意識の方が大多数かと思われます。ハイブランドのバッグを持っていてもその他の靴や服は低価格帯の、あまり品質の良くないものを身に付けている方は少なからずおり、その様な方々はブランドのロゴや名前は知っていても、素材や品質を理解して選び、身に付けているとは到底思えないません。これでは誰でも知っているロゴのついた海外ブランド品は売れても、国内のハイブランドではない高品質のブランド品は苦戦・衰退するだろうなと思います。(2014/05/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長