• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

未承認国家で考えたウクライナ問題

隣国モルドバと同じ失敗を犯すのか

2014年5月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

沿ドニエストル共和国最高会議議事堂前に建つレーニン像(ティラスポリ市)

 3月に住民投票が行われ、ウクライナから分離独立し、ロシアに編入されることとなったクリミア共和国。そんなクリミアの後に続けと、ロシア系住民の多いウクライナ東部でも分離独立を目指す一部の住民たちがウクライナ暫定政権に抵抗している。

 そもそもウクライナには、東部に限らずロシア人の血を受け継いでいる住民も多く、ウクライナ人とロシア人のカップルもたくさんいる。ロシア語しか話せないウクライナ人も多く、厳密にロシア系住民とウクライナ系住民を二分化することは難しい。

 確かに、旧ソ連から離脱したウクライナが独立国家としてロシアの影響力を削ぎたい気持ちは分かる。しかし、一方で、ウクライナ・ナショナリズムの高揚は、これまで仲よく平和に暮らしてきた人々を民族性で分断し、殺し合いに発展させる怖さも持っている。

 実際にそのような失敗を犯したのが、ウクライナの隣国モルドバだった。モルドバには、未承認国家の沿ドニエストル共和国と、分離独立できずにモルドバから自治権を認められたガガウズ自治区がある。

沿ドニエストル共和国内のティラスポリ駅にて。モルドバ本国へ行く列車。鉄道の場合は出国審査はなく、入国カードを返しただけだった

未承認国家、沿ドニエストル共和国へ

モルドバの地図。モルドバはルーマニアとウクライナの間にある国。白抜きされている部分はそのモルドバ内にあるガガウズ自治区(ガガウズ自治区首都コムラトのバスターミナル内にて)

 昨年6月、私はモルドバにいた。南部にあるトルコ系のガガウズ人が多いガガウズ自治区を訪問したが、目に留まる看板がモルドバ語からロシア語に変わったことで自治区内にいることが分かった。時々、ガガウズ語の表示を見かけることもあったが、ほとんどロシア語が使用されている。住民に話しかけると、モルドバやEUではなく、貧しい生活を救ってくれる頼みの綱はロシアしかないかのような話しぶりだった。

 街ではガガウズの住民が、ちょうど6月12日の「ロシアの日」を祝う準備をしていた。ロシアの日とは、旧ソ連からのロシアの独立記念日で、一体ロシアが誰に支配されていたことがあるのだ? とロシア人さえも笑いの種にする日だ。そして、偶然にも私の誕生日と一緒だ。

コメント2

「ウクライナからの声」のバックナンバー

一覧

「未承認国家で考えたウクライナ問題」の著者

宮腰 由希子

宮腰 由希子(みやごし・ゆきこ)

ロシア語通訳

ロシア語通訳、NGO「ダール・アズィーザ」事務局長。1983年青森県弘前市生まれ。17歳の時にチェルノブイリに行き現地を視察。2002年~08年、モスクワ国立大学留学。現在はキエフに滞在中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長