• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマの前で「中国が頼み」と言い切った朴槿恵

首脳会談でも韓国を引き戻せなかった米国

2014年4月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月25日の米韓首脳会談で、オバマ大統領は韓国の「離米従中」に歯止めをかけられなかった。北朝鮮の核武装が現実味を帯びる中、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が最も期待する「止め男」は習近平国家主席だからだ。

踏み絵は2枚

 今回の米韓会談の焦点はただ1つ。「中国の指示通りに動くようになった韓国を、米国が手元に引き戻すことができるか」だった(「『自殺点』と日本を笑った韓国の自殺点」参照)。

 「韓国の従中」は米国にとって、もはや朝鮮半島という地域の課題にとどまらない。シリアやウクライナでの弱腰で「オバマのアメリカ」は世界中の同盟国から信頼を失いつつある。ロシアや中国はそれに付け込もうと画策する。

 米中間で二股外交を展開する韓国を今、叱り飛ばしても引きつけておかないと米国の権威は失墜し、覇権も揺るぎかねない状況だ。 

 ことに3月末に北朝鮮が4回目の核実験の実施を示唆したばかりだ。この実験が成功すれば韓国の「従中」に拍車がかかる可能性が大きい。

 今回、米国が韓国に迫った“踏み絵”は2枚。米国が主導するミサイル防衛(MD)への参加と、機密情報の交換を約束する軍事協定を日本と結ぶことだ。

 いずれも日―米―韓の3国軍事協力体制を強化する目的だ。そしてだからこそ、自身への包囲網を作られると恐れる中国が強力に反対し、その中国に脅された韓国はこれらを拒否してきた。

あっけなく合意したが……

 では、首脳会談で米国の要求は通ったのか。まず、MDの導入。10年以上も韓国が逃げ回ってきたこの問題は、あっけなく合意に至った(注1)

(注1)ホワイトハウスが発表した「Joint Fact Sheet」(英語)で読める。

 もっとも、それを米国主導のMDと呼ぶのは難しい。朴槿恵大統領は「韓国型ミサイル防衛システムである」と共同会見で明言し、米国が主導するMDとは明らかに一線を引いた(注2)

(注2)朴槿恵大統領の発言はここで読める(韓国語)。

 半面、韓国政府は「米国や日本が構築するMDと連動すべく『相互運用性』を改善する」(朝鮮日報「韓米首脳、初めて連合司令部をともに訪問」=4月26日)とも説明している(注3)

(注3)ここで読める(韓国語)。

待望の第3弾 好評発売中!
Amazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得/楽天ブックス政治部門1位獲得
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫った。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
全国書店にて好評発売中!

コメント13

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「オバマの前で「中国が頼み」と言い切った朴槿恵」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック