• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「勝負日はブラックスーツ」の間違い

選ぶべきは黒よりも濃紺、グレー

2014年5月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大切な会議やプレゼン、商談など、ここぞという時に気合を入れるために、ビシッとブラックスーツで臨んだ経験はないでしょうか。また最近では、就職活動中の学生に向けて、ブラックスーツを進めるケースも増えているようです。

 ビジネスパーソンの多くが「黒」をビジネスシーンでの正式な色と考えているのでしょう。

写真のようなブラックスーツを、勝負日に選ぶビジネスパーソンも多いはず(撮影:古立 康三、ほかも同じ)

 しかし、これは間違いです。意外に思うかもしれませんが、ビジネスの場で「黒」はルール違反です。

 正式なスーツスタイルのルールでは、ブラックスーツは正装とされています。
 正装はパーティーなどに着ていくべきもの。そのため欧米のビジネスシーンで黒を着用している人はかなり少ないのが現実です。

 さらに日本でも、年配の人を中心に、ブラックスーツは冠婚葬祭に着るもので、普段着るべきでないという固定観念を根強く持っています。

 たとえ自分ではおしゃれの一環でブラックスーツを着ていても、相手はそう思わず、「何だか葬式っぽい」と毛嫌いされる懸念もあります。「黒はフォーマルなのだから間違いない」と思いきや実は大きな落とし穴。そんなこともあるでしょう。

 相手に誤解を与えないためにも、「勝負日にブラックスーツ」という考え方はやめたほうが無難でしょう。

 では、正式なビジネスシーンではどんなスーツが「正解」なのでしょうか。

コメント2

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「「勝負日はブラックスーツ」の間違い」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長