• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「漁夫の利外交」で韓国は無限大のツケを払う

読者からの質問に答えて(13)

2014年5月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 韓国人は「二股外交」に酔う。では、それは成功するのか。読者と考える。

離米従中に抗する「趙甲済」

前回は3割強の韓国人が「安全保障のパートナーを、米国から中国に鞍替えすべき」と考えているという衝撃的な話を聞きました。そして「離米従中」の流れに抗するメディアは、親米保守のネット媒体である趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムぐらい、ということでした。

鈴置:その趙甲済ドットコムを舞台に、舌鋒鋭く「二股」を批判する識者がいます。「ヴァンダービルド」という筆名で書いています。

 2013年10月に登場して以来、この人の記事は日本の韓国研究者の注目を集めてきました。経歴などは一切分かりませんが、国際関係に関する高い見識から大物外交官OBと見られています。

 最近、関心を呼んだヴァンダービルド氏の記事は4月23日の「韓米首脳会談を前になぜ、習近平に依頼の電話をかけたのか?」(韓国語)です。ポイントは以下です。

アマチュア水準の韓国外交

  • オバマ大統領の今回のアジア歴訪の目的の1つは、韓米日の3国の確固とした結束を通し(核実験などに)断固として対処するというシグナルを北朝鮮に送ることだ。

  • 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が習近平主席に(北の核実験阻止を依頼する)電話をかけたことは「(韓国にとって)3カ国の結束とは会談で語るだけの名分に過ぎず(北の問題については)中国を頼るつもりではないか」との不必要な誤解を米国に持たせる。

  • 電話は、3カ国の結束に拒否感を持つ中国への配慮だったのだろう。だが、もともとの友邦である米国、日本とはその分、疎遠になる可能性がある。

  • 世界で最も危険な地域で責任を果たしている我が国の外交安保担当者は、もう少し慎重に、ち密に対処する必要がある。今のようなアマチュア水準ではだめだ。

「アマチュア」とは、なかなか厳しいですね。

待望の第3弾 好評発売中! 増刷決定!
Amazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得/
楽天ブックス政治部門1位獲得
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫った。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
全国書店にて好評発売中!

コメント25件コメント/レビュー

「明清交代期に外交的に失敗した経験を持つ」日清でも日露でも失敗ですし、李王朝も祖国を裏切っての身売りで、外交的な成功とは言い難いでしょうね。「米国も中国も馬鹿ではない」が分からない韓国が本当の××で、これは5千年の賜物でしょう。「韓米同盟(の枠組みの中には)原子力協定など不平等な部分が多い」中韓同盟なんてどんな内容になるのでしょうか。米国がいなくなれば締結前に北の侵略もありそうです。北自身に石油が無くても、南には幾らでもありますし。「中ロが力を合わせれば日本を十分に壊滅できる」韓国が今のまま残っているれると暢気に考える神経は、今レベルの日本の集団自衛権で大騒ぎする人々と同レベルかと。彼らは今まで日本も平和だったから今のままでやって行けるとお考えのようですが、安保があれば戦争に巻き込まれると主張していた筈。自衛隊も違憲と仰っていたかと。ピースボートが紅海だかアラビア海で自衛隊に護衛を頼んだ話しには大笑い。3年前に想定外で大騒ぎした事を皆さんお忘れの様です。(2014/05/20)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「漁夫の利外交」で韓国は無限大のツケを払う」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「明清交代期に外交的に失敗した経験を持つ」日清でも日露でも失敗ですし、李王朝も祖国を裏切っての身売りで、外交的な成功とは言い難いでしょうね。「米国も中国も馬鹿ではない」が分からない韓国が本当の××で、これは5千年の賜物でしょう。「韓米同盟(の枠組みの中には)原子力協定など不平等な部分が多い」中韓同盟なんてどんな内容になるのでしょうか。米国がいなくなれば締結前に北の侵略もありそうです。北自身に石油が無くても、南には幾らでもありますし。「中ロが力を合わせれば日本を十分に壊滅できる」韓国が今のまま残っているれると暢気に考える神経は、今レベルの日本の集団自衛権で大騒ぎする人々と同レベルかと。彼らは今まで日本も平和だったから今のままでやって行けるとお考えのようですが、安保があれば戦争に巻き込まれると主張していた筈。自衛隊も違憲と仰っていたかと。ピースボートが紅海だかアラビア海で自衛隊に護衛を頼んだ話しには大笑い。3年前に想定外で大騒ぎした事を皆さんお忘れの様です。(2014/05/20)

アイルランドは約800年イギリスの植民地だった。今年3月アイルランド首相が初めてイギリスを公式訪問した。アイルランド首相のスピーチ「過去は受け入れなければならない。これからの両国は未来志向で行こう」韓国とは正反対。(2014/05/20)

国連憲章で十分認められている独立国の集団的自衛権の意味を理解していない輩が多い。韓国、北朝鮮、中国、何れの連中も日本とは同盟国ではないし、朝鮮半島自体は未だに戦争状態で、韓国は休戦協定すら結んでいない。中国と朝鮮半島でより政治が不安定化すれば、間違いなく、日本に向けて難民が押し寄せる。在日朝鮮人の99%以上が朝鮮動乱時に日本に密航した現実を改めて検証すべきであろう。当時の吉田茂政権も朝鮮人密航者対策に苦慮していたこともお忘れなく。(2014/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長