• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

福知山線事故対策をパクった

関西大学教授、安部誠治の酷評

2014年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む

 JR北海道はなぜ鉄道事故を繰り返すのか。福知山線の大惨事を起こしたJR西日本の再生に携わった運輸安全の第一人者は、JR北海道の再発防止策に決定的な欠陥があったと指摘する。

JR北海道では脱線、出火など列車事故が相次いだ。79人が負傷した2011年5月の石勝線脱線炎上事故の教訓を、同社が生かすことができなかったのはなぜか。

再発防止策は過去の事例などの寄せ集め

「JR北海道の再発防止策は他社の引き写し」と指摘する関西大学教授、安部誠治

安部:混乱の発端となった石勝線脱線炎上事故の時から、経営陣には事故原因を抜本的に究明するという姿勢が見られませんでした。事故後に打ち出した再発防止策も他社の引き写しのようなものが多かった。その典型例が「膝詰め対話」です。社長を筆頭に役員が全現場を回り、安全風土について語り合うという試みです。

 膝詰め対話は、JR西日本の意見交換会が基になっています。107人の死者を出した2005年4月の福知山線脱線事故の再発防止策の1つとして盛り込まれました。

 さらにさかのぼれば、関西電力の膝詰め対話がその始まりです。2004年8月に、美浜原子力発電所で5人の死者を出す配管の破損事故があり、経営幹部が現場の実態を把握していなかったとして、対話に乗り出しました。

コメント9

「JR北海道、腐食の系譜」のバックナンバー

一覧

「福知山線事故対策をパクった」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO