• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム 外国人が熱愛する日本の鉄道、期待の星は?

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

とても楽しく、そして、おれんじ食堂は地方路線らしい試みで、すぐにでも行って乗りたくなった。ただ、HPみると値上がり?? いいものだけに値段がいいのもわかるが、ちょっとびっくりです。ただ、一番心配なのが、こういった鉄道、水戸岡鋭治氏頼みになっていること。多くの切り口、デザイナーが創意工夫できないと先細りにならないか心配だ。(おやさん)(2014/05/23)

いい記事でした。一方で、「ななつぼし」の課題についても、しっかりとした分析記事をお願いします。すでにコメントにもありましたが、「日本の魅力」を単なるもの珍しさとはちがう水準で整理して、それを前面に出せるようにすることは、リピーターを増やすだけでなく、日本人にとっても大変重要なことだと思います。「おもてなし」は迎合ではないし、また、ただの旅行ではなく、半年くらい日本に住んでみたいという老夫婦とか、日本でしばらく過ごしながら制作に勤しみたいという、作家や芸術家、あるいは、数年でも日本で勉強したいという青年たち、これらの人たちを吸引する「日本の魅力」は決して「おもてなし」だけではないはずです。外国人に魅力のあるところは実は日本人に魅力のあるところだった、という事例が多いことは、大いに元気づけられることではありませんか。(2014/05/22)

『釜石』『遠野』『薩摩川内』  土地勘があれば、どのあたりで、どこで新幹線に接続しているというのが分かり、より一層、記事の内容を理解できるでしょう。地名を地図にリンクさせるとか、地図でイラストで挿入させるとか、工夫があればありがたいと思いました。(2014/05/22)

新しいこと、珍しいこと、新鮮な驚き、いずれも旅の喜びです。しかし、文字通り猫も杓子も駅長になったりラッピング車両になってしまったりすると、それぞれの価値は薄れてしまいますし、全体としての日本の存在意義も低下してしまいます。今観光列車などを目当てにやってくる客はこれまで目にしたことのない価値に気付いて日本を訪れている人が主でしょう。しかしそれを前提にした話題作りに終始していては、日本の価値を長く発揮することはできないのではないかと危惧します。根源的な日本の価値。それは日本人には当たり前のものかもしれませんが、世界に類を見ない日本の鉄道そのものは、飾り立てたりせずとも、外国人が利用しやすく、その当たり前の価値が伝わりやすいようにする工夫をするだけでも、普遍的な観光資源となると思います。(2014/05/22)

記事の内容が意外(?)と充実していて、たいへん楽しい読み物でした。列車での小旅行を夢みて仕事を頑張ります(笑)。(2014/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長