• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「機長不足」はLCCの問題にあらず

パイロットの規制緩和に踏み切れるか?

2014年5月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内のLCC(格安航空会社)で、機長不足による大量欠航が相次いで発表された。

 最初に機長不足を発表したのは関西国際空港を拠点にするピーチ・アビエーション。同社は4月、10月25日までの間、計画便1万2886便の16.1%に当たる最大2072便が欠航する見込みと発表した。約2万7200人に影響が出る計算だ。5月20日には、発売前だった8月の那覇-台北線56便の欠航が追加で決まった。新たに機長訓練生2人が退職したことが響いたという。

機長不足で大幅な欠航を発表したピーチ・アビエーション。それまでは国内のLCC3社の中でも唯一計画通りに成長し、単年度黒字を達成した成功事例として紹介されることが多かった(撮影:吉川 忠行、ほかも同じ)

 同じくANAホールディングス子会社のバニラエアは5月16日、6月に国内線のみ154便を欠航すると発表した。

5月16日、国土交通省で大幅欠航の発表をしたバニラエア
バニラエアは2013年末に就航し始めたばかりだった

 ピーチでは、機長の病欠者が想定を3人上回る8人に達し、新たに採用する機長の人数が足りなかったという。バニラも機長の採用が計画通りに進まなかったことが大量欠航につながった。

 2社とも機長の採用計画が思い通りに運ばなかったことが大量欠航に繋がった。

 パイロットの需要は世界的にもひっ迫している。ボーイングによると、今後20年の間にアジア太平洋地域だけでも、新たに約20万人のパイロットが必要だという。そのため現状では知名度や実績のないLCCが機長資格を持つパイロットの確保に苦戦している。

 機長の確保はこれからも一層厳しくなるだろう。この先、LCCというビジネスモデルは、日本で成立するのだろうか。

コメント13

「吉川忠行の天空万華鏡」のバックナンバー

一覧

「「機長不足」はLCCの問題にあらず」の著者

吉川 忠行

吉川 忠行(よしかわ・ただゆき)

Aviation Wire編集長

ライブドアで同業初の独自取材部門「ニュースセンター」立ち上げに参画。ライブドア事件も内側から報じる。退職後はAFP通信社等で取材を続け、2012年2月Aviation Wire創刊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長