• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビッグデータはヒトを家畜化する

人畜管理社会の予感

2014年5月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビッグデータの活用でバラ色の未来が来るといわれるが、本当か。

 ビッグデータと聞くたびに、私は幼い頃に読んでドキドキした宮沢賢治の『注文の多い料理店』や、高校の英語の副読本で読んだジョージ・オーウェルの『アニマル・ファーム』を思い出す。

 これらの小説ではヒトは家畜として扱われ、またそれこそが人間の本質だと教える。ビッグデータという技術は、便利な社会をつくる半面、小説に描かれていたヒトが家畜化した世界を現実化させるような気がする。

まずはモノや動物のチェックから

 ホンモノの家畜の世界では、新型インフルエンザなど疫病の管理が大きな課題になっている。鳥インフルエンザにしろ、BSE(牛海綿状脳症)にしろ、家畜の病気はやっかいだ。なにしろ飼い主の人間も家畜の親戚である。病気が移れば、ニワトリ1匹から始まって、何百万もの人が死亡しかねない。

 ところが、家畜は食べ物であり、量産の対象だ。予防や治療に人間のようなコストはかけられない。定期検診もやっておれない。一方で、家畜は「今日は朝から熱っぽくて」とか言ってくれないから厄介だ。そこでどうするか。ここでビッグデータの登場である。

 1頭1頭、1匹1匹にセンサーをつけ、体温や息遣いなどを定点観測する。群れの中に一定割合で異常を感知したら、即、隔離といった手段をとる。いずれは集団のデータの経時変化に気象情報を組み合わせることで、流行のタイミングや確率、伝染ルートなども予見できるようになるだろう。

 センサーはすでにモノの監視と遠隔制御に使われている。中国電力は、原発の機器類に各種センサーを付け、異常値を見つけることで故障発生の予測をしている。先進各国では老朽化が進んだ橋にセンサーが付けられ、劣化の状況や崩落のリスクを監視する仕組みが出来つつある。

 そして、コマツは建機に取り付けたセンサーと発信機から、車両の位置や稼働状況などの情報を収集、分析し、建機の「健康状態」と「稼働状態」を把握している(すでに有名な“KOMTRAX”である)。さらに、鉱山などで無人でダンプを働かせるシステムまで完成させていて、この映像は驚異的だ。

コメント19件コメント/レビュー

20世紀に培われた、或いは構築された社会のアーキテクチャの老朽化がITによって加速される変遷の現時点で21世紀を推し量ることは難しいが、モノに人間が存在されることは人間学上から見ても不可能である。どれだけビッグデータを駆使するシステムが現れてれもそのシステム自体が人間のある欲望の一面に起因するが故にオーウェルの世界はやって来ることなどこの宇宙に存在する人間存在の特異性にはあり得ない世界の話だ。一例として、グーグルは先ほどハンドル、アクセスペダル、ブレーキのないドラゴン型の試乗車の映像を公開した。彼らはここ5年近くの間に70マイルを走破し、膨大なデータを収集し、彼らの話によるとこの実験は最終段階に達したようだ。世界の自動車メーカーも独自に開発を重ねて、早ければ5年後に市場に発表されるかもしれない。もしこれが実現すれば現状の交通安全は飛躍的に向上すると共に、それに伴う道路標識の変化、運転免許(最早操縦訓練は必要でなく、各自動車に添付された操作マニュアルが必要)の廃止、交差点等の信号機の交換、高速道路上のインターラクティブな埋め込み発信機、等様々な変革を促すとともに、果たして個人が自動車を所有する時代は終わって、共同体が、或いは組織が、或いは友達同士が、自動車を効率よく共有する世界がやって来るのか、様々な夢が広がる。しかし、これは人間が家畜化され、群れとしてシステムに支配される、というオーウェル的社会の出現では決して無い、念のために。(2014/06/06)

「上山信一の“あまのじゃく”改革談義」のバックナンバー

一覧

「ビッグデータはヒトを家畜化する」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

20世紀に培われた、或いは構築された社会のアーキテクチャの老朽化がITによって加速される変遷の現時点で21世紀を推し量ることは難しいが、モノに人間が存在されることは人間学上から見ても不可能である。どれだけビッグデータを駆使するシステムが現れてれもそのシステム自体が人間のある欲望の一面に起因するが故にオーウェルの世界はやって来ることなどこの宇宙に存在する人間存在の特異性にはあり得ない世界の話だ。一例として、グーグルは先ほどハンドル、アクセスペダル、ブレーキのないドラゴン型の試乗車の映像を公開した。彼らはここ5年近くの間に70マイルを走破し、膨大なデータを収集し、彼らの話によるとこの実験は最終段階に達したようだ。世界の自動車メーカーも独自に開発を重ねて、早ければ5年後に市場に発表されるかもしれない。もしこれが実現すれば現状の交通安全は飛躍的に向上すると共に、それに伴う道路標識の変化、運転免許(最早操縦訓練は必要でなく、各自動車に添付された操作マニュアルが必要)の廃止、交差点等の信号機の交換、高速道路上のインターラクティブな埋め込み発信機、等様々な変革を促すとともに、果たして個人が自動車を所有する時代は終わって、共同体が、或いは組織が、或いは友達同士が、自動車を効率よく共有する世界がやって来るのか、様々な夢が広がる。しかし、これは人間が家畜化され、群れとしてシステムに支配される、というオーウェル的社会の出現では決して無い、念のために。(2014/06/06)

家畜とはまさにピッタリな言葉だと思う。ビックデータという言葉とか利用方法論はそのデータを使い側が今の独裁者というか支配者側がそのデータを使うという理屈で構成されてその結果価値が無いものという結論にたどり着いていると思う。逆に家畜という言葉が提案されてその家畜という言葉から使うというにはを求めるとビックデータが価値を持つと思う。日本は国民が主権者という建前だけど実際はそうなってはいない。むしろ官僚が独裁者で国会議員が猿回しのサルのようだ。一般国民が主権者である支配者であると確定してその配下である公務員、そしてそれを動かす官僚と政治。その官僚と政治を文字通りの家畜とみなした場合はどうだろう。行動、特に話した言葉と場所、意思疎通を行った相手はだれなのかをビックデータとして蓄積して支配者である国民が主権者の義務として解析してそのデータの持つ意味を学習する。こういう使い方ならばいつかは官僚をも支配して家畜同様に主権者として支配しうる国民が育ってくるのではないだろうか。学習しなければならないのは国の意思決定が土嚢ようなプロセスによって行われたかを主権者全員が知ることにこそ意味があると思う。(2014/06/06)

何が問題なのと言う感想が、、、予備軍で捕まるのはいきすぎでダメですが、警察ができるとそのうち警察が強くなってソ連みたいになるのではないか?くらいの暴論の方がいきすぎてる感(2014/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授