• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「文字のない商談ツール」で次回訪問のアポイントを取る

  • 吉見 範一=日本営業ツール研究所代表

バックナンバー

2014年5月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は私が相談者のAさんに「会社支給の商品パンフレットやプレゼンテーション(以下プレゼン)資料を使うのはやめて、文字のない商談ツールを作りましょう」というアドバイスをしたことを紹介しました。

 そこで、今回は「文字のない商談ツール」の一例をお見せしましょう。このツールを初めて見ると、ほとんどの人が驚きます。一見してもよく分からない図ばかりで、意味がわかる文章が入っていないからです。

 ご覧になった感想はどうでしょうか? 前回も紹介したように、

●文字が書いていない
●自分で撮った写真がたくさん掲載されている
●手作り感が満載で、決して見栄えは良くない

 という資料ですよね。でも、これが、商談の場で本当に役に立つんです。いったい、なぜでしょうか? その理由を解説する前に、みなさんに1つ考えてほしいことがあります。

質問:法人が顧客の営業、いわゆるBtoB営業の場合、初訪(初回訪問)で一番やらなければならないこととは何でしょうか?

オススメ情報

「<課長塾> 成約率が上がる究極の商談ツール」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長