• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうして「照れ屋」はリーダー失格なのか?

2014年5月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 組織のリーダーは「場の空気」が悪くなっていないかどうか、常に意識する必要があります。

 部下が「目標なんて、あくまでも目標であって達成できないこともある」「やってもやらなくても給料は変わらない」といったことを口にするようになったら、場の空気が悪くなっている証拠です。

 場の空気が悪いと何をやってもうまくいかず、営業目標の達成など夢物語になります。場の空気を変えるためにはどうすればいいでしょうか。

 営業目標を絶対達成する勘所を2分間で読めるコラム形式でお伝えする。それが本連載です。題材として毎回、様々な立場の人の「バトル」を例示します。

 今回のバトルの対戦相手は「部長」と「グループリーダー」です。2人の対話を読みながら、場の空気について考えてみましょう。

●部長:「4月に今期がスタートして2カ月近く経過した。状況はどうだ」

○グループリーダー:「できればロケットスタートしたかったのですが……。あまり良くないです」

●部長:「君のグループはここ数年、ずっとジリ貧状態だ。目標未達どころか、達成率すら毎年下がっている」

○グループリーダー:「私どもの業界を取り巻く環境は厳しくなる一方で……」

●部長:「よく言うよ。他のグループはほぼ毎年、目標を達成させている。君のところだけだ。安定した結果を出せないグループは」

○グループリーダー:「そ、そうでしょうか」

●部長:「とにかく、君のグループは新規のお客様を開拓していかないと目標を達成できない。以前からずっと言っていることだ。それはやっているのか」

○グループリーダー:「もちろん、やっています」

●部長:「君のグループのために300社の見込み客リストを提供した。グループの5人全員でアプローチすれば、1カ月に1回は必ず訪問できる数だ。300社を回りきったか」

コメント1

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうして「照れ屋」はリーダー失格なのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長