• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キャリアの断絶はさせない

第12回 NTTコム チェオ(後編)

2014年6月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネットプロバイダーOCNを会員数ナンバーワンのサービスにした小林さんは、2008年NTTコミュニケーションズの取締役、法人事業本部チャネル営業本部長となる。そして2010年、NTTコムチェオの代表取締役社長に就任した。NTTコムチェオは、NTTコミュニケーションズのグループ企業で、バーチャルコンタクトセンターを中心としたソリューションを提供している。

 何が「バーチャル」なのかというと、通常のコールセンターに加えて、「CAVA」と呼ばれるすべての都道府県に在住する在宅就業スタッフを活用して、日本全国をカバーする巨大なIT系テクニカルサポートセンターを実現しているところだ。

 CAVAの仕事は「在宅電話サポート」または「訪問設定サポート」の2つ。両方の仕事を組み合わせることもできる。どちらも時間に縛られることなく、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができる。CAVAにはノルマがないので、好きな時間に好きなだけ働ける。小さな子供のいるひとり親家庭や、車いすなどで通勤が困難な人にも働きやすい。全国どこにいても仕事ができるため、地方の雇用創出にもなる。

 報酬は時給換算にすると1400~1800円ぐらいで、喜ばれる賃金水準である。また、会社にとっても、建物やブース、什器などの固定的な設備を用意する必要がないうえ、地方の優秀な人材を効率よく活用できるので、大きなコスト削減となる。

 日本では、マーケティングを狭義に考えがちで、宣伝や販促だけがマーケティングだと考える企業は、商機が来てもブレークできない。サントリーで、マーケティングリサーチからプロダクトマーケティング、宣伝はもちろんのこと、チャネル戦略も学び、マーケッターが会社を動かすとさえ言い切る小林さんは、会社のどの組織もマーケティングの重要な要素であることを知っている。コールセンターも、もちろん、重要なマーケティングチャネルだ。

 小林さんが社長になり、NTTコムチェオは新しいビジョン「ヒューマンクラウド」を発表し、大きな転換期を迎えた。それは、人材を「人財」と考える小林さんの「人財材育成」の思いに根づいたものだ。例えば、女性の活用を考えるうえで「キャリアの断絶」はあり得ない。育児休職や介護休職などの期間にもキャリアを断絶させないために在宅勤務・在宅就業などの制度を活用すべきだと考えていた小林さんは、自宅に居て子育てなどをしながら働けて、高いスキルも身につけられる「バーチャルコンタクトセンター」が、育児や介護で会社を離れざるをえない女性たちに最適な職場となり得ると考える。だから、この在宅就業の事業をもっと成長させなくては。

NTTコム チェオ社長の小林洋子さんと筆者(写真右)

コメント0

「企業の成長のカギを握る、デジタルマーケッター奮闘記」のバックナンバー

一覧

「キャリアの断絶はさせない」の著者

石黒 不二代

石黒 不二代(いしぐろ・ふじよ)

ネットイヤーグループ CEO

米スタンフォード大学MBA取得後、シリコンバレーにてハイテク系コンサルティング会社を設立。2000年よりネットイヤーグループ代表取締役に就任。経済産業省産業構造審議会委員などの公職も務めている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO