• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ワイシャツの襟元から肌着」はNG

クールビズで選ぶべきワイシャツとは?

2014年6月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月1日からクールビズが本格的にスタートしました。

 街中ではネクタイを外し、ジャケットを脱いで、長袖のワイシャツ姿で軽快に歩くビジネスマンをよく目にします。薄着になることで、幾分でも涼しく過ごせることに安堵する人も多いのではないでしょうか。

 しかし、長袖のワイシャツ姿になることで、着こなしのまずさが目立つケースも増えています。何に気をつければマナー違反とならないのか、説明しましょう。

襟の間から肌着が見える?

 クールビズファッションで最も配慮したいのが、肌着の扱いです。

 本来、ワイシャツの下に肌着を着ることは、欧米の正当なビジネスマナーからするとNGです。

 以前、この連載でも解説したように(「ジャケットのボタンはいくつ留める?」)、歴史を紐解くと、欧米ではジャケットの下に着るワイシャツは、肌着として扱われてきており、肌着であるシャツの下に、さらに肌着を着るのはナンセンスだと思われています。

 けれども、日本の夏は欧米と違って高温多湿。ワイシャツ1枚では、汗ばんだ肌がべっとりと布地にはりつき、自分だけでなく、相手にも不快感を与えてしまいます。

 だから日本のビジネスシーンでは、ワイシャツの下に肌着を着ることが半ば当たり前になっている。マナーとして例外的に許されていると言っていいでしょう。

ワイシャツの下から肌着が見えてしまったケース。これでは相手に不快感を与えてしまう(撮影:古立 康三、ほかも同じ)

 ただ、ここで注意をしたいのが、クールビズになったときの肌着の見え方です。

 ネクタイを着用せず、ボタンを1つ外すと、胸元にはワイシャツのVゾーンができます。しかし、丸首の肌着だと相手からは肌着が見えてしまう。

 肌着を見せるのは明らかにマナー違反です。「おじさんっぽい」あるいは「男子学生みたい」と、相手に悪い印象を与えかねません。肌着は基本的にVネックのものを着るのが無難でしょう。

 マナー違反はほかにもあります。

コメント5件コメント/レビュー

クールビズが始まった頃、襟が綺麗に見えるからという理由で「ボタンダウンだらけになっちゃうね」なんて話をしていたものですが、スナップダウンはそこに選択肢を与えますね。(2014/06/05)

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「「ワイシャツの襟元から肌着」はNG」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

クールビズが始まった頃、襟が綺麗に見えるからという理由で「ボタンダウンだらけになっちゃうね」なんて話をしていたものですが、スナップダウンはそこに選択肢を与えますね。(2014/06/05)

襟元から除くTシャツに違和感を感じたことがなかったのですが、何故なのか考えてみると思い当たりました!米軍のGIの制服でした。彼らの襟元には真っ白なTシャツが除いていて、それが格好良く見えたのでした^^。  しかし、ワイシャツの下の肌着については毎回百家争鳴になりますね。「現地気候を考慮したローカライズを許容するかどうか」これは本家の欧州の方々がジャッジすべきで傍流の日本人が決めることではないですね。いわば「ドラゴンロールは寿司と呼べるか」をアメリカ人が議論するようなもので、結論がどうであれ日本国内のカウンターで食べる寿司店でドラゴンロールをお目にかかることは少ないでしょうから、ワイシャツと肌着論争も似たようなものでしょう。(2014/06/05)

色つきのボタンのシャツは、特にシニア層には敷居が高い。そもそも、クールビズの開始後3年目頃から一般的になってきた色つきボタンですが、まだまだ着こなしとして定着したとは言い難い。「うれしがった」感じが払拭できません。どう思われますか?(2014/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員