• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホチキスの針は手で取るな

安全への強烈なこだわりはなぜ生まれたのか

2014年6月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どうやって成長事業を見定め、衰退事業から経営資源を移していくか。これは日本企業にとっても大きなテーマだろう。

 そのケーススタディーとなる企業の1つが、世界的な大手化学メーカーとして知られる米デュポンだ。身近な商品に使われる同社の技術としては、女性用ストッキングなどの素材であるナイロンや、鍋やフライパンを焦げ付きにくくするテフロンがよく知られる。

 「日経ビジネス」6月2日号では、そのデュポンを特集した。

 今年で創業212年となる同社は、安全に対するこだわりの強い会社としても知られる。今回はデュポンの安全への徹底ぶりを示すエピソードとその背景を紹介する。

 「急がなくていいから、手すりをつかんで」

 日経ビジネス6月2日号特集「デュポン 200年企業が見る未来」の取材で、同社の拠点を訪れた際、待ち構えていた取材相手にかけられた第一声がこれだった。場所は駐車場から建物の玄関に上がるほんの数段しかない階段。到着するまで少し道に迷い、約束の時間ギリギリになったため急いで駆け上がろうとした時のことだ。階段では転倒など事故の危険があるから手すりをつかむというのがデュポンのルールだという。

会議の冒頭は避難経路の説明

 一連の取材では似たような経験を何度もした。自動車での移動では、どの国でも後部座席だろうが何だろうが、搭乗者全員がシートベルトをしなければ決して発車しない。筆者もうっかりシートベルトを締め忘れ、何度か注意された。

 実は同社は安全への徹底ぶりで知られている。

デュポンホテルの階段には手すりの利用を促すサインが埋め込まれている(写真=常盤 武彦)

 米デラウェア州ウィルミントンにあるデュポン本社。この建物には、1913年に開業した老舗高級ホテル「デュポンホテル」のほか、ミュージカルや演劇の劇場「デュポンシアター」も入居している。昼食時にはランチビュッフェを目当てに裕福そうな地元のご婦人が列をなす。こんな場所とて例外ではない。階段には「USE HANDRAIL(手すりにおつかまりください)」というサインが埋め込まれていた。凝った意匠のインテリアとは相容れない無粋なサインだが、安全第一がデュポン流ということだ。

コメント6

「デュポン 200年企業が見る未来」のバックナンバー

一覧

「ホチキスの針は手で取るな」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック