• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ韓国は中国についていくのか

韓国研究者の荒木信子氏に聞く(1)

2014年6月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『なぜ韓国は中国についていくのか――日本人が知らない中韓連帯の深層』を上梓した荒木信子氏に聞いた(司会は坂巻正伸・日経ビジネス副編集長)。

対日共闘は冷戦期に萌芽

中国と韓国の「対日歴史共闘」は1980年代に萌芽がある、とのご指摘は新鮮でした。

荒木信子(あらき・のぶこ)
韓国研究者、翻訳者。『なぜ韓国は中国についていくのか――日本人が知らない中韓連携の深層』(2014年、草思社刊)で、日本人の気がつかなかった微妙な中韓関係を掘り下げ、注目される。1963年生まれ。1986年に横浜市立大学文理学部国際関係課程卒業、1992年、筑波大学大学院地域研究研究科東アジアコース修了。修士論文のテーマは「韓国人の日本観」。訳書に『金大中 仮面の裏側』『「偉大なる将軍様」のつくり方』など。『ある朝鮮総督府警察官僚の回想』『日本統治時代を肯定的に理解する』に編集協力した。(写真:尾関裕士、以下同)

荒木:第2章の「中韓関係の節目、国交正常化」のところですね(66ページ)。対日歴史共闘が芽生えたのは1982年のいわゆる教科書問題からです。当時は冷戦真っ盛り。もちろん中韓両国の間に国交はなく、敵同士でした。

 しかし韓国の国会議員の中には、中国と連携して日本に対抗しようとの発想が生まれていたのです。国交がなかったため、現在のような明確な「反日共闘体制」には至りませんでしたが、この時に今の中韓連携の下地が準備されたといえます。

鈴置:韓国人の対中依存心の根深さを物語っていますね。

荒木さんは豊富な資料を使って、韓国がどんどん中国に取り込まれている半面、日本とは疎遠になっている現実を描き出しました。これも多くの日本人にとって驚きの話です。

荒木:李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島を訪問した後に「日本はもう昔の日本ではない」と語りました。

鈴置:「日本に昔のような力はない。もう、怖くないぞ。日本を怒らせても反撃してこないから大丈夫」との趣旨でした。

日本を上から目線で見る韓国

荒木:ええ、それが本音でした。そして、その韓国人の心情の変化――上から目線で日本を見るようになっていることに、日本人は気がついていませんでした。韓国もまた「昔の韓国ではなくなっていた」のです。

 韓国にとって中国の存在は大きくなる一方です。韓国を訪れた外国人の数は、2013年に日本人を抜いて中国人が1位になりました。

 韓国に定住する登録外国人の数で見るともっとはっきりします。中国籍を持つ韓国系中国人である朝鮮族を含めると、中国人の数は1995年に日本人を抜いて3位に。翌1996年には1位に躍り出ます。1992年の中韓国交正常化からわずか4年後です。

鈴置:私は1987年6月から1992年2月までソウルに住んでいましたが、その頃、中国籍の人に会ったことも見たこともありませんでした。韓国にとって中国は国交がないというだけではなく、朝鮮戦争で戦った敵国だったためです。

 当時の韓国は――1987年に民主化するまで「反共」を国是にしていましたから、共産圏の人間は存在するべくもなかったのです。東欧からの留学生が韓国の大学にいると聞いて「こりゃニュースだ」と調べに動いたこともあったほどです。

待望の第3弾 好評発売中! 増刷出来!
Amazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得/
楽天ブックス政治部門1位獲得
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫った。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
全国書店にて好評発売中!

コメント16件コメント/レビュー

結局は日韓の国民性の違いは埋めれるような幅の問題ではなく、水と油のような性質の違いなのだ。反共産主義などという政治的な要因が一時はエマルジョンの如く水と油を混和させた時期があったが、政治経済のバランスが変わると結局は水と油は分離する。厄介なことに韓国は自分たちが油で常に水である日本の上に在るべき考えている。免れない最低限の界面の接触の国交で日本は韓国との関係を留めているべき。日本にとって信用も尊敬もできないタイプの国民性なのだから、未来永劫良き関係が出来ることはないでしょう。(2014/06/17)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「なぜ韓国は中国についていくのか」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

結局は日韓の国民性の違いは埋めれるような幅の問題ではなく、水と油のような性質の違いなのだ。反共産主義などという政治的な要因が一時はエマルジョンの如く水と油を混和させた時期があったが、政治経済のバランスが変わると結局は水と油は分離する。厄介なことに韓国は自分たちが油で常に水である日本の上に在るべき考えている。免れない最低限の界面の接触の国交で日本は韓国との関係を留めているべき。日本にとって信用も尊敬もできないタイプの国民性なのだから、未来永劫良き関係が出来ることはないでしょう。(2014/06/17)

個人レベルでもいますよね、強い人にころころついていく信用のおけない人。そういう国と思えば腹を立てず、冷静に対応できると思います。(2014/06/15)

そもそも「韓流」で騒いでいたのはメディアとエンターテイメント産業だけであり、それに比例して日韓関係に関心のある層やネットでは「嫌韓」「マスゴミ」論が増加したと記憶してます。80年代の自虐史観の"正統派"は今もそうであるように日本の新聞社の質の低さを証明しています。日本は台湾や太平洋の島々も統治したのに、なぜ韓国だけを特別扱いをするのか。近代日本は欧米を見習ってきたのに、なぜ英仏米の植民地支配と、日本の統治を比較しないのか等。はっきり言って学術的・調査的思考のできない人間が「信念」で書く記事が大新聞に載り、それが「事実」としてひとり歩きするのは困ったものです。さらに困るのは、中韓の嘘に、アジア史に疎く、人権意識の高い「善良」な欧米日の「良識派」や「知識人」がころっと騙されることです。(2014/06/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長