• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

未来の百貨店の作り方

三越伊勢丹ホールディングス社長・大西 洋さん(4)

2014年7月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

川島:百貨店ってものすごくブランドビジネスの側面がありますよね。かつての「三越の包装紙」なんて、まさにその象徴です。だから、ブランドイメージがまったく異なる三越と伊勢丹とが統合したとき、正直ちょっと違和感を感じました。その違和感、今でも残っています。三越伊勢丹という会社は、店舗のブランド、会社のブランドをどう考えていますか?

大西 洋(おおにし・ひろし)
三越伊勢丹ホールディングス社長
1955年東京都生まれ。 79年慶応義塾大学商学部卒業後、伊勢丹(現・三越伊勢丹)入社。紳士統括部長などを経て、2008年三越常務執行役員、伊勢丹常務執行役員。09年伊勢丹社長。11年三越伊勢丹社長。12年2月より現職。(写真:村田和聡、以下同)

大西:百貨店のブランドって、他の流通業とちょっと違うところがあります。伊勢丹にしろ三越にしろ、まず「伊勢丹」「三越」というグループのブランドがある。そのうえで、新宿伊勢丹、日本橋三越、銀座三越、といった具合に個々のお店のブランドがある。コンビニエンスストアやスーパーの場合、グループのブランドはあっても、お店の役割は基本的に代替可能です。けれども「わざわざ」お客様にいらしていただく価値を提供する必要のある百貨店の場合、グループのブランドに加え、個々のお店のブランドがちゃんと構築されていないと、お客様は集まりません。

そもそも伊勢丹とは何か

川島:伊勢丹については、新宿本店は別格といった言い方をよくされますね。ある種のグループのブランドのイメージを背負っている感じが。

大西:伊勢丹に関してはブランドイメージの大部分を新宿伊勢丹が占めているでしょうね。

川島:新宿伊勢丹のブランドイメージってひとことでいうと?

大西:やはりファッションにおける先進性、独自性でしょう。メンズに関しても新宿伊勢丹というのは唯一無比のブランド力を持っています。こうした新宿伊勢丹のブランドイメージをうまく活かしつつ、他の各店舗は自らのブランドをその地域で構築しなければなりません。

川島:おっしゃることはわかりますが、けっこう難しい課題ですね。お店ごとにブランドを構築しろ、というのは。

大西:だからこそ挑んで欲しいし、やっていくべきだと思うのです。実は、ある地域の店で大きな改装に取り組んだのですが、できあがった店舗を見て「仮説への取り組みが浅い」と言ったことがあります。

川島:どんなダメ出しをされたのですか?

大西:改装した店に足を運んでみたら、その地域の独自性も、伊勢丹としての独自性も少ない。つまり、先ほど説明した百貨店のブランドのあり方のどちらをも満たしていなかったのです。そこそこ売れ線のブランドを揃えているだけで、工夫や創造が少なかった。これでは、目をつぶって連れてこられたら、どの地域の伊勢丹なのかわからない、そもそも伊勢丹なのかどうかもよくわからない。

川島:ばっさりですね(笑)

コメント0

「「ダサい社長」が日本をつぶす!」のバックナンバー

一覧

「未来の百貨店の作り方」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長