• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アジア訪日客が「大阪・黒門市場」で食べたい意外なモノ

リピーターを創る日本食フードツーリズム

2014年6月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

平日の午前中から多くの買い物客で賑わう黒門市場(大阪市中央区)。地元客に加え、多くの観光客が訪れる。中でもアジア系の外国人観光客の姿が目立つ。商店街のアーケード内には無料休憩所、トイレ、Wi-Fiスポットの施設案内が外国人にも分かりやすく表示され、実際に利用する外国人も多い(写真:筆者撮影)

 観光地にとって最大の課題はリピーターの獲得です。観光庁の「訪日外国人の消費動向報告書(平成26年1-3月期)」によると、日本への再訪意向で「必ず来たい」と回答した人は56.6%。「来たい」37.1%と合わせると93.7%の人がまた日本に来たいと答えています。

 人気観光地や有名な名所旧跡を、二度以上訪れる人はそれほど多くありません。リピーターは何を求めて再び日本に来るのでしょう。

 同調査で今回の滞在中にしたいことを訊ねたところ、1位は「日本食を食べること」(91.9%)で、2位の「ショッピング」(69.7%)、3位の「繁華街の街歩き」(49.1%)を大きく引き離しています。また、「日本食を食べること」は次回したいことでも85.1%で1位となりました。

 昨年12月、ユネスコ世界無形文化遺産に「和食」が登録となり、国内では観光資源としての「食」への関心が高まっていますが、海外では「日本の食」はどのように評価されているのでしょう。国や地域によって、そのニーズに違いはあるのでしょうか。

 かつて、外国人に人気の日本食は「寿司」「天ぷら」「しゃぶしゃぶ」と言われました。ところが2010年のJNTO(日本政府観光局)「訪日外客訪問地調査」で人気上位となったのは、1位「寿司」(44.0%)、2位「ラーメン」(24.0%)、3位「刺身」(19.7%)で、4位には「うどん」(10.8%)が入っています(「天ぷら」(9.7%)は5位)。ちなみに台湾では、2009年にラーメンが寿司を上回ったといいます。そこから4年を経て、外国人は今どんな日本食に関心を持っているのでしょうか。

 今回は、食で訪日リピーターを呼び込む“天下の台所”、大阪の「黒門市場」の人気の秘密に迫り、訪日観光における食の可能性を探ってみます。

コメント4

「日本人が知らない新・ニッポンツーリズム」のバックナンバー

一覧

「アジア訪日客が「大阪・黒門市場」で食べたい意外なモノ」の著者

水津 陽子

水津 陽子(すいづ・ようこ)

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長