• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アジア訪日客が「大阪・黒門市場」で食べたい意外なモノ

リピーターを創る日本食フードツーリズム

2014年6月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

我が地元は観光地にも関わらず、この条件を満たしていない…というか満たしていない所が殆どではなかろうか?とりあえず早急に真似位はして欲しいものです。あと、各地担当者は自分でも海外へ行ってみれば良いと思います。台湾は出張に行く機会が多いが、日本語が通じない所でも何とかなる工夫が色々有りましたよ。(2014/06/19)

「日本人が知らない新・ニッポンツーリズム」のバックナンバー

一覧

「アジア訪日客が「大阪・黒門市場」で食べたい意外なモノ」の著者

水津 陽子

水津 陽子(すいづ・ようこ)

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

我が地元は観光地にも関わらず、この条件を満たしていない…というか満たしていない所が殆どではなかろうか?とりあえず早急に真似位はして欲しいものです。あと、各地担当者は自分でも海外へ行ってみれば良いと思います。台湾は出張に行く機会が多いが、日本語が通じない所でも何とかなる工夫が色々有りましたよ。(2014/06/19)

もともと東南アジア諸国では外食が主流だし、韓国も台湾も夜市が観光スポットになっている。外国人旅行者を増やしたいならもっと外国の実態を勉強すべきである。(2014/06/19)

黒門市場徒歩圏在住者で、私にとっては自分の食材を買う場です。確かに黒門から徒歩圏の電気街日本橋も含め、外国人が増えています。来訪者が訪日最終日というのも、圧倒的に生鮮品(特に魚介類が強い)市場だからでしょう。ただ、「休憩場所が無い」が苦情(?)なのは無理がありますね、昔ながらの商店街であってショッピングモールではないのですから。このあたりは、築地の外国人見学者の行動から見学中止に至った経緯が気になります。●あと、私は渡航経験がありませんが、メニューが日本語しか無いについて、逆に日本人客が多い他国の地には日本語メニューがあるのでしょうか。気になりました。さらに、最後に紹介されていた錦市場の有次も外国人観光客が多く入店しています。日本人に限らず、一度買えば何年も使える商品が多いため地元客が少ない店というのはありますが、黒門市場の記事の最後にこれを載せると、京都市内の店だと記事に書いてあっても読まずに黒門市場内の店舗だと誤認する人が複数いると思います。コラムの構成としては失敗です。(2014/06/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授