• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京の地下鉄は、世界一なのです!

2014年6月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この間、知り合いの外国人ビジネスマンと東京を訪れた時の話です。とても忙しい日だったので、彼にパスモを渡してチャージをしておくよう頼み、日比谷線八丁堀駅のA5出口で、午後6時に会いましょうと伝えました。

 彼は東京の地下鉄を使ったことがなかったので、迷子にならないか心配していました。しかし午後6時、八丁堀に現れた彼は、目を丸くしながらこう言ったのです。

 「これは世界一の地下鉄だ!面倒で複雑なシステムのはずなのに、日本はこれを簡単に使えて、当てになる、最高なシステムに作り変えている!」 。英語を取り扱えるスイカ・パスモの券売機があるだけでなく、全ての駅にローマ字表記、さらには番号表記もあります。地下鉄においては、東京オリンピックへ向けての準備が既に整っていると言っていいでしょう。

 東京の電車や地下鉄で通勤している人は、これらの公共交通機関がどれだけ素晴らしいか、普段気付かないかもしれません。都内の通勤を楽しんでいる人はほとんどいない、と言っても過言ではないでしょう。

 私も実際8年間都内での通勤を経験し、身をもってその大変さを知りました。ぎゅうぎゅう詰めの電車、ホームや駅が好きな人は、いないでしょう。前と比べたら減っているかもしれませんが、駅で吐いたりする酔っ払いは最も面倒です。足を怪我している人や、車椅子の人などにとって、電車は使いにくいでしょう。臭いの強い魚を詰めた袋を持ったおばあちゃんは、通勤の妨げになっていることもあるでしょう。冬の日に、ホームレスが温まるために電車に入ってきた際には、あまりの臭いにその車両を切り離したくなることもあります。そして痴漢も大きな問題です。

 それらの欠点を全て考慮に入れても、東京の地下鉄に勝るものは世界にないと思います。海外を旅行した時に電車を使ってみないと、東京の地下鉄の素晴らしさに気付かないかもしれません。このコラムでは、東京の地下鉄の素晴らしさ、そしてそこから見える高品質,高信頼性、慎ましさ、行き届いたサービス,そして細部へも注意が払われているといった、日本の経営管理の強みをお伝えしたいと思います。

まずは、データから見る日本の地下鉄

 国土交通省の2012年度調査によると、東京で電車や地下鉄に乗る人は1日3800万人にも上るそうです。そのうち2300万人は定期券を使っています。これらの数値は1日に数回乗車する人も含めています。下の棒グラフから分かるように、約半数の乗客(1600万人)がJR東日本、約4分の1の乗客(900万人)が地下鉄に乗っています。残りの乗客は東急線(300万人)、東武線(250万人)、小田急線(200万人)、京王線(170万人)、またはほかの線に乗っています。(次のページのグラフ参照)

コメント33件コメント/レビュー

比較先にソウルや北京、上海などがないのはなぜでしょう?いずれも路線が全て色分けされており、駅の番号だけではなく、路線が全て番号表示で、文字がわからない外国人にとっては大変便利です。東京の乗り換えのわかりにくさに比べたら、格段上だとおもいます。(2014/06/28)

「ドイツ人経営学者は見た!日本のかっこいい経営」のバックナンバー

一覧

「東京の地下鉄は、世界一なのです!」の著者

Uシェーデ

Uシェーデ(うりけ・しぇーで)

米UCサンディエゴ大学教授

日本型経済・経営および経営戦略論の権威。主な研究領域は、日本を対象とした企業戦略、組織論、金融市場、政府との関係、企業再編、起業論など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

比較先にソウルや北京、上海などがないのはなぜでしょう?いずれも路線が全て色分けされており、駅の番号だけではなく、路線が全て番号表示で、文字がわからない外国人にとっては大変便利です。東京の乗り換えのわかりにくさに比べたら、格段上だとおもいます。(2014/06/28)

私は鉄道ファンで且つ東京在住なので地下鉄の便利さを理解はしてるつもりですがさすがにここまで褒め称えるとちょっと気持ち悪いです。海外の場合確かにゾーン制のわかりづらさはありますがそのかわり別会社跨ぎによる初乗りの概念がないので距離と運賃がほぼ比例してます。それにラッシュは改善されてるとはいえ世界最悪レベルです。そしてなにより問題なのは地下鉄に限らず、本来税金補填があって当たり前である公共交通を完全独立採算という考えの下で運用するのが当然であるかのような理論が日本の基準であることです。地下鉄という普通の鉄道よりも建設費や維持費がかかるのに利益がでるというのは、それだけ都市が過密であるということの表れでもあります。それは企業の利益という点ではいいのかも知れませんが、都市のあり方としてはいかがなものなのでしょう。都営もメトロも黒字で純粋な民間企業並みに存在してますが公共交通の概念が本当にあるなら毎年ある程度の赤字と税金補填を前提に朝のラッシュ時の混雑率を100%以下まで下げる試みがあってしかるべきだと思います。値段が下がれば殺人的なラッシュでも我慢するというのは「純粋な民間企業」の論理です。交通網は体でいう血管ですから、血液がうまく滞りなく流れるためには独立採算制の徹底は却って外部不経済を招きます。日本とドイツ等のヨーロッパの地方都市の公共交通の扱いの違いを見れば一目瞭然です。東京という例外的な運用形態が存在できてしまう限られた空間だけ凝視してると交通機関としての本当に大事な幹を見誤ります。(2014/06/27)

北京、上海やソウルの地下鉄とも較べればもっとよかったと思います。この3都市はどこも東京に負けないような膨大な地下鉄路線が存在し、列車も頻繁に来ますし、具体的な数字は知りませんが平均乗車人員も東京と争っているのではないでしょうか。また、北京の地下鉄料金は全線一律で40円弱、安価という点では他の追従を許さないでしょう。中国の地下鉄の汚さ、乗客のマナーの悪さはよく話題になっていますが、一方で、年寄りや赤ちゃん連れを見ると、皆すぐに(醜い争いの末勝ち取ったであろう)席をゆずっています。このあたりは日本よりも格段に弱者に優しい乗客でいっぱいであると言えます。(2014/06/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長