• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの「常識」は、間違っているかもしれません

リゾートでゆったり楽しみたい本

2014年7月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさん、こんにちは。月に1度の読書コラムです。

 今年も半分が過ぎ、あっという間に7月になりました。夏ですね。夏休み、涼しいリゾートや海辺のビーチでのんびり過ごそうと計画を立てている方も多いかもしれません。そこで今月は、「リゾートでゆったり楽しみたい本」というテーマで、お薦めの本を何冊か選んでみました。

読み物として聖書にチャレンジ

 僕自身は生来の怠け者なので、例えばもし10日以上夏休みが取れたら、南の島の浜辺とか、プール際に一日中寝そべって、ぼんやりと本を読んで、暑くなったらビールを飲んで、そしてプールでひと泳ぎして、また寝そべって一休みしながら本を読む――。そんな生活にいつも憧れています。そんな時に私はどんな本を持っていくだろう?ということを思い浮かべながら、選んでみました。

新共同訳『聖書 和英対照』(日本聖書協会)

 まず、意外に面白いのがこれです。新共同訳『聖書 和英対照』(日本聖書協会)です。

 外資系のホテルなどにも聖書はよく据えてありますが、お薦めは和英対照のものです。一番新しい版では一冊になっています。『聖書』のいいところは、面白い話がたくさん盛り込まれているうえに、横に英文が書いてあるので、海外の島などにいて寝そべっている時には、英語力のブラッシュアップにもなるでしょう。

 語られている内容の1つひとつは短く完結しているので、どこを開いて読んでも構わないと思います。広く知られている「創世記」や「ヨハネによる福音書」もいいですが、ここでご紹介するのは「申命記」です。

 興味深いところはたくさんありますが、例えばこんな一節があります。日英を対比して読んでみましょう。

「羽のある昆虫はすべて汚れたものであり、食べてはならない。清い鳥はすべて食べてよい。死んだ動物は一切食べてはならない。町の中にいる寄留者に与えて食べさせるか、外国人に売りなさい。あなたは、あなたの神、主の聖なる民である」
「All winged insects are unclean; do not eat them. You may eat any clean insect. Do not eat any animal that dies a natural death. You may let the foreigners who live among you eat it, or you may sell it to other foreigners. But you belong to the Lord of your God; you are his people.」

「人が新妻をめとったならば、兵役に服さず、いかなる公務も課せられず、一年間は自分の家のためにすべて免除される。彼は、めとった妻を喜ばせなければならない」
「When a man is newly married, he is not to be drafted into military service or any other public duty; he is to be excused from duty for one year, so that he can stay at home and make his wife happy.」

「同胞であれ、あなたの国であなたの町に寄留している者であれ、貧しく乏しい雇い人を搾取してはならない」

「Do not cheat poor and needy hired servants, whether they are Israelites or foreigners living in one of your towns.」

コメント2件コメント/レビュー

You may eat any clean insect. がなぜ“清い鳥はすべて食べてよい。”になるんでしょうか?前の文と合わせると「成虫は食べちゃダメ。幼虫はOK(不完全変態な虫は除く)」あたりになるのではないかと。(2014/07/01)

「出口治明の「ビジネスに効く読書」」のバックナンバー

一覧

「あなたの「常識」は、間違っているかもしれません」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

You may eat any clean insect. がなぜ“清い鳥はすべて食べてよい。”になるんでしょうか?前の文と合わせると「成虫は食べちゃダメ。幼虫はOK(不完全変態な虫は除く)」あたりになるのではないかと。(2014/07/01)

岸信介証言録(毎日新聞社)を読んで、それまで「常識」だった岸信介像がガラガラ崩れ落ちました。まさか、吉田茂と安保思想でお友達だっとは。(2014/07/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授